ぶっちゃけピカソの絵ってただの落書きだよね?

ニュース2ちゃんねる - 2chまとめブログ

ぶっちゃけピカソの絵ってただの落書きだよね?

1:イソマグロ(関西地方):2010/06/05(土) 23:03:16.03 ID:cjlKdK6G
史上最高額と同モデルのピカソの絵


ピカソが愛人マリーテレーズ・ワルテルをモデルに1932年に描いた「赤い枕で眠る女」。
先月NYで約101億円で落札された「ヌード、観葉植物と胸像」と同時期の作品で同じモデル。
徳島県立近代美術館で公開中だ 【時事通信社】


http://www.jiji.com/jc/p?id=20100605174605-9418072&j3



あのデフォルメはデッサン力があるからこそとかw
7:ブラックアロワナ(長屋):2010/06/05(土) 23:05:06.23 ID:5EImUcP6
俺でも左足で描けるレベル
12:アブラヒガイ(新潟県):2010/06/05(土) 23:05:57.61 ID:eE05YAnZ
裏側と表側を同一の平面に描き出すことでうんたら
 
5:ゲンゴロウブナ(千葉県):2010/06/05(土) 23:03:58.88 ID:HlRlqrYr
>>1
お前の見る目が無いだけ
あれは芸術
8:エツ(長屋):2010/06/05(土) 23:05:37.48 ID:c66pDicl
まあ中期からはそうかもしれんが、それまではけっこううまかったよ
9:アブラヒガイ(東京都):2010/06/05(土) 23:05:37.76 ID:JVSoNyCe
普通の絵はめちゃうまい
安定感がある
11:ハマチ(東京都):2010/06/05(土) 23:05:43.14 ID:wR2ulyJ8
でも馬鹿にしてるやつでも、ホンモノのピカソが2万で買えるって言ったら買うだろ
15:ブラックアロワナ(長屋):2010/06/05(土) 23:06:26.94 ID:5EImUcP6
>>11
ただでもお断りします
18:ポリプテルス(大阪府):2010/06/05(土) 23:07:22.38 ID:/y5fmTL0
>>11
市場価値が云臆なら買う

美術的価値や歴史的価値では勃起できん。
13:ネズミゴチ(コネチカット州):2010/06/05(土) 23:06:02.50 ID:uZO9sc1x
ピカソさんは見たままをそのまま描くとかいうレベルを超越してるのさ
感じたままを絵にする名人だったのだ
16:アイナメ(中部地方):2010/06/05(土) 23:06:29.08 ID:ARQXKx1I
猿が書いた絵を誰が書いたか知らせずにオークションに流したら高額で落札されてたなw
19:オオメジロザメ(東京都):2010/06/05(土) 23:07:32.94 ID:ibgX2Sq5
三次元と二次元の共存を追求した

つまり我々が求めている究極を彼は表現しようとしたのだ
22:マンタ(東京都):2010/06/05(土) 23:08:36.06 ID:bHPw2NYY
巧いかどうかではなく、
時代を象徴してたから価値があるんだろ。
特にゲルニカは現代の幕開けに相応しい価値を持っていた。
23:ガヤ(長野県):2010/06/05(土) 23:08:47.76 ID:DfJ6VsN7
美術世界こそブランド力がものを言う世界は無いよな
24:アブラヒガイ(ネブラスカ州):2010/06/05(土) 23:08:53.50 ID:6xxwCB5p
なんかjpg貼ってくれ
32:キヌバリ(愛知県):2010/06/05(土) 23:11:18.00 ID:/5b8DuH7
>>24
38:フエダイ(三重県):2010/06/05(土) 23:12:57.75 ID:4HRVfZHj
>>32
指が肥大化しすぎだろwwww
312:ペンシルフィッシュ(岡山県):2010/06/06(日) 01:06:44.87 ID:fPkfdKvR
>>32
これはワロタww天才だわww
27:ヨウジウオ(愛知県):2010/06/05(土) 23:09:55.69 ID:B86zF8Ko
写実的な絵なら練習すれば才能関係なく誰でも描ける
だがピカソはその先の世界にいる 常人には理解し難い領域にな
28:クロマグロ(catv?):2010/06/05(土) 23:10:06.60 ID:0LHNAGjN
本物の池沼やサルが描いた絵を現代アート扱いして喜んでるのはアホだと思うが、
ピカソはおまいらがうめーと思うような絵は楽勝で描けた上でああいう表現を試してんだよ。
31:ペーシュ・カショーロ(栃木県):2010/06/05(土) 23:10:50.86 ID:x/gkbTiH
>>28
ですから?
45:クロマグロ(catv?):2010/06/05(土) 23:14:47.74 ID:0LHNAGjN
>>31
ですから、おまいのような凡人にはわからん領域でピカソは戦ってるってことだよ
51:ペーシュ・カショーロ(栃木県):2010/06/05(土) 23:17:23.77 ID:x/gkbTiH
>>45
何者だお前
57:シラウオ(コネチカット州):2010/06/05(土) 23:18:59.13 ID:6xdAEZp3
>>45
ゲイがケツに絵筆突っ込んで書いた絵でもピカソの作品ですって言われたら
ほほう味があるねえとか言っちゃうんでしょ
36:イスズミ(滋賀県):2010/06/05(土) 23:12:02.28 ID:8WNOi8Ix

ピカソが11歳の時に書いたデッサン


ピカソが15歳の時に書いたデッサン


ピカソが16歳の時に書いた絵
42:キダイ(北海道):2010/06/05(土) 23:14:17.81 ID:5yc244bn
>>36
確かに上手いんだけど、普通だよね
47:イスズミ(滋賀県):2010/06/05(土) 23:15:33.21 ID:8WNOi8Ix
ピカソの絵なら何となくこれが好き
52:コンゴテトラ(静岡県):2010/06/05(土) 23:17:24.04 ID:tk4iXBCz
お前らの顔もピカソの絵みたいだな
54:ゲンロクダイ(アラバマ州):2010/06/05(土) 23:18:18.09 ID:AkQgR0qm
ビカソは写真とか映画とかがもうある時代だし
時間かけて苦労して目指すのが写真とかじゃ方向性は変えても仕方ないかも
61:オオメジロザメ(東京都):2010/06/05(土) 23:19:36.69 ID:ibgX2Sq5
絵画を写真と同じように見えるか見えないかで判断するべきではない。

うまい=写真に見える ではない。
62:ナマズ(富山県):2010/06/05(土) 23:20:49.20 ID:BYvakg56
数千円で売ってた絵が有名画家のとわかって数千万になったとか言う話あったよね
絵の評価なんてその程度
66:アブラヒガイ(アラバマ州):2010/06/05(土) 23:21:17.51 ID:27MNlaz9
街が破壊されてそれをゲルニカとして描いていたとき
それを聞きつけたナチスがピカソのアトリエに突っ込んできて
「こんな(反戦的な)絵を描いたのは誰だ!!」と言ったのに対して

「お前達だ!!!!!!」と言い返したという
68:ブラックアロワナ(長屋):2010/06/05(土) 23:21:41.94 ID:5EImUcP6
ここで得意げに分かってる風に評価してる奴に
ピカソの名前隠して落書き見せたらどうなるの?
73:ハマチ(東京都):2010/06/05(土) 23:23:41.08 ID:wR2ulyJ8
>>68
ピカソだって本当のただの落書き見える絵はかかないだろ?
落書きに見えるってのは誇張だろ
81:フエダイ(三重県):2010/06/05(土) 23:25:21.43 ID:4HRVfZHj
>>68
ピカソのきめえ絵の価値は、
ピカソという天才が、どのような状況でどういう意図のもとに表現したのか
ということに拠っているので、名を伏せた落書きはゴミくずでしかない
85:カワヤツメ(愛知県):2010/06/05(土) 23:27:45.30 ID:PbfPOAQ5
>>81
つまり純粋に絵単体を評価してるわけじゃなくてピカソの絵だから評価してるんだろ?
だったらウンコでもいいじゃんって思う
ピカソのウンコ売り出したら2億くらいの値付くでしょって
70:ヨーロッパタナゴ(東海):2010/06/05(土) 23:22:10.60 ID:A+UhVe0O
葛飾北斎に勝つる画家は居ないね
北斎の絵は見るとドーンてくるもん
71:フエダイ(三重県):2010/06/05(土) 23:22:49.30 ID:4HRVfZHj
現代美術は、直感的な感動とは無縁の境地にある
素人がちら見しただけで、そのすごさが理解できるような美術は、
前近代的な美だといわざるを得ない
78:ヒメハゼ(茨城県):2010/06/05(土) 23:24:55.87 ID:K9GQY9+P
ゲルニカとかが評価されるのはまだ何となく分かるんだけど
コレが評価されるのはおちょくってんじゃないかって気になる


159:アカヤガラ(東京都):2010/06/05(土) 23:50:55.54 ID:m2vC9cTx
>>78
画面構成はちゃんとしてるし、これは基礎がしっかりしてる人じゃなきゃ書けない絵だよ。
見る人に考えることを要求してくれてるからやっぱりいいよね。
186:アブラヒガイ(埼玉県):2010/06/05(土) 23:59:23.57 ID:SoEavKt6
>>159
すごーく無理してない?
82:フシギウオ(岡山県):2010/06/05(土) 23:26:41.07 ID:Lwq8h5Vw
これが好きだな
83:アブラヒガイ(茨城県):2010/06/05(土) 23:27:05.11 ID:0srIlwvq
現代は写真が登場してひたすらリアルに写実する必要がなくなったんだよ
中世の画家と違うのはそこ
84:クサフグ(九州):2010/06/05(土) 23:27:21.63 ID:2MmOZmnD
ピカソとNARUTOの作者は
画力でタメを張るらしいじゃないか
87:バルーンモーリー(大阪府):2010/06/05(土) 23:28:08.39 ID:qE05ZwRX
晩年の絵は上手いから評価されてるんじゃない

めちゃくちゃ上手いピカソが描いたから高く売れるんだよ
だから適当に「あ」って書いてもそれがピカソが描いたものなら高く売れる

イチローが使用したバットみたいなもんだ
92:バルーンモーリー(大阪府):2010/06/05(土) 23:30:16.94 ID:qE05ZwRX
画家として成功するためには腕はある程度あればいい

最も大事なのは画商に気に入られることだ
98:ブラックアロワナ(長屋):2010/06/05(土) 23:32:12.76 ID:5EImUcP6
現代アートと裸の王様の違いが分からない
104:ナマズ(富山県):2010/06/05(土) 23:34:03.90 ID:BYvakg56
>>98
絵画の世界はどの時代も身内が集まって馴れ合ってるだけだから
一般人の俺らは絵画っていう芸術の分野と関わる必要ないんだよ
彼らの価値観で彼らの世界が回ってるの
こっちの世界とは違う世界なの
196:シマアジ(コネチカット州):2010/06/06(日) 00:02:00.34 ID:Yk7jXxUD
>>104
ピカソもキュビズムを世に出した頃(当時まだキュビズムという呼び名はなかったが)は非難囂々だった。

二次元の世界では(というか、三次元でも視覚で認識する世界では)、普通は物体を
ある瞬間においてはある一面からしかとらえることが出来ないけど、ピカソは
ありとあらゆる方向から見た対象の姿を一枚の絵におさめようとした。絵画の常識を根底からぶち破ったわけだ。


また、キュビズムだけじゃなくて生涯のうちに様々な技法を試し、最晩年には子どものような絵を描くに至っている。
様々に画風を変え創作をおこなっていく中から、とうとう「絵画は描くもの」という
常識すらぶち破ったコラージュ技法を発明したりもした。キュビズムとコラージュという
二つの芸術技法を発明したってだけでもものすごい巨人だと思うけど…
209:ヨーロピアンシーバス(東海):2010/06/06(日) 00:04:44.63 ID:TtncGTKC
>>196
彫刻や粘土細工でいいじゃんって思う
222:シマアジ(コネチカット州):2010/06/06(日) 00:08:50.68 ID:Yk7jXxUD
>>209
ピカソは彫刻や陶芸も300品ほどつくってるよ
236:ヨーロピアンシーバス(東海):2010/06/06(日) 00:17:37.26 ID:TtncGTKC
>>222
御教授ありがとう
さっそく検索したらベネチアン・グラスの雄牛ってのが出てきた
ザリガニはわからないけど、これはいいなあ

http://www.ciao3.com/event/event_09/photo_07.htm
102:カワヤツメ(愛知県):2010/06/05(土) 23:33:23.14 ID:PbfPOAQ5
学校で習うから、真面目に描いてると思ってしまうけど
ピカソは絶対ふざけて描いたんだと思うんだよね
「昨日酔っぱらって絵描いてたら思いついたんだけどさ、人間こんな風に描いたらやばくね?ww」
「やべえwwお前すげえの思いついたなwwてかマジきめえww」
「だろ?ww次の個展のテーマこれで行っちゃおっかなww」
「うはwwマジかwwはっちゃけすぎだろww」

→数年後数億の価値に

みたいな

絶対ニヤニヤしながら描いてたと思う
あれを真面目に描いてる姿なんて想像できん
238:ヒメマス(茨城県):2010/06/06(日) 00:18:26.88 ID:n4NO6cin
>>102
俺も全く同じ事思ってたw
108:イットウダイ(宮城県):2010/06/05(土) 23:35:53.82 ID:heW2spFs
俺が描いた絵のほうがすごい
124:ポリプテルス(大阪府):2010/06/05(土) 23:39:26.25 ID:/y5fmTL0
>>108
こういう表現方法思いつき権威になったのが凄いわけで
その凄いって話だけ一人歩きしてなんであんな絵が凄いんだよって状態に
大衆が陥ってる

今の時代そんな絵に価値ねーずら。

って1浪して美大入ったけどうつ病で休学してる後輩が言ってた^q^
早稲田蹴って美大行った奴は自殺した^q^

芸術って素敵な世界
128:ドジョウ(茨城県):2010/06/05(土) 23:41:16.29 ID:wq1ScrhP
ニュー速民なら一度はベクシンスキーの絵見て中2病発症したことあるよな
132:ヘコアユ(三重県):2010/06/05(土) 23:43:03.06 ID:kJ3uPuON
ピカソが描いた絵が子供の絵にしか見えないのは
そもそも本人が子供が描いた絵をを自分の目標にしていたから。
一回でもやってみりゃわかるけど、子供の落書きのように描くのって超難しいし
145:シノドンティス(コネチカット州):2010/06/05(土) 23:46:23.75 ID:dLfHcsKS
まあ、ピカソは自分の絵の技巧だけの卓越さにイヤけさしてたんだよ。
子どもみたいに描きたいのにどうしてもデッサン力が出てきちゃう。
ぐっちゃぐっちゃの子どもの絵にはデッサン力はないけど観察力と表現力はあったりするから天才はそこに嫉妬しちゃったんだね。
子どもの絵でもピカソの絵でも落書きでも観察したものがちゃんと表に出てきてればいい絵と言える。
値段は周りが勝手に創作者の経歴を見てつけてるだけのこと。
185:アミア(アラバマ州):2010/06/05(土) 23:59:18.62 ID:lI+5/hZz
価値観は人それぞれ個人的評価になるとしても
生涯に作品を数十数万点残して
それがギネスブックに載ってるのが公的に凄い
189:マス(北海道):2010/06/06(日) 00:00:06.57 ID:yIUTjgqG
それまであんなもん描いて発表する奴は居なかったって事なのかね
30~40年前の劇画時代に秋葉萌え系マンガ発表みたいな
243:アブラボウズ(東京都):2010/06/06(日) 00:21:17.61 ID:7MgODneB
もしパリ行くことあったら是非ピカソ美術館行くといいよ
素人が行っても楽しいし、ピカソが天才って分かる
どっかの池沼とは違うから
249:モツゴ(茨城県):2010/06/06(日) 00:23:04.51 ID:AMd4HMdd
うおおなんだこれ!! カッケー!! とか こいつ絶対馬鹿だこんなのありえねえって とか
そういうのでいいと思うんだ
日頃使ってない脳みその部分をちょこちょこいじられるようなそんな絵とか音楽とか
257:キダイ(北海道):2010/06/06(日) 00:29:19.38 ID:KgulXreM
ピカソの下手糞な絵はプロ野球選手のサインボールみたいなもんだろ
351:アブラボウズ(東京都):2010/06/06(日) 01:30:56.08 ID:nKYcmiB5
個人所蔵だったのを美術館が買い取ったらしいが18億円だとさ。


どの辺に価値があるのか絵心があるやつ解説してくれ
354:アブラボウズ(東京都):2010/06/06(日) 01:33:41.49 ID:TcEchmey
>>351
資産的価値です。
絵なんて見ちゃいねえ。
フィギュアを、いろいろ眺めることもせずに、未開封の箱のまま保管して満足してるフィギュアオタみたいなもん。
369:ヤリタナゴ(鹿児島県):2010/06/06(日) 01:47:36.37 ID:4JZatvlC
小学生の頃、ピカソの自伝読んだけど
ただのヤリチンやんけ

絵のことは抜きにして
371:マブナ(愛知県):2010/06/06(日) 01:50:13.27 ID:jvU+cWS0
>>369
マジかよ・・・
断じて許さん
372:ギンカガミ(アラバマ州):2010/06/06(日) 01:52:50.65 ID:qimpPj3T
>>369
ヤリチンだけどびっくりする位のサゲチン
386:ハダカイワシ(不明なsoftbank):2010/06/06(日) 02:05:05.67 ID:Ze3epjZZ
>>1みたいな疑問にたいしてすげぇ納得するレスを昔みたんだよなぁ
写実主義と写真技術の関係とかから追ってピカソの絵の意義を解説してるやつ
あれはコピペじゃなかったんだろうか
395:タマカイ(宮城県):2010/06/06(日) 02:36:08.41 ID:Ey2M7p8I
>>386
700:のり(東京都) 投稿日: 2010/02/07(日) 04:05:06.13 ID:dbQ3yh7c
昔は、3次元を2次元に変換できなかったんよ。
そんで、「科学的な絵画」として遠近法が生まれたんだけど、これはリアルに方眼紙を使うっつーか
糸を引っ張って風景を見て、「奥の建物は、マス目3つ分に見えるな…」と縮尺そのままに紙に落とす手法だった。
こうして、ルネサンス期から「もっとリアルに描きたいよ」という路線が進化して行ったわけだ。

ところが写真が登場してしまい、絵画にとって写実性は武器では無くなった。
そんな中「画家の目にどう見えたか、そういった感動を強調して描こう」という印象派が誕生。
その後「光の加減だけに注目して描いてみよう」「立体の角度を変えて再構築しよう」と、レイヨニスムやらキュービズムやら。
つまり、「写真は現実を描けるけど、絵画は現実ではありえない事を描けるぞ」っつー話だな。

そういった“高尚な絵画”を評価する動きへの皮肉としてポップアートが登場し、
萌え絵もそっち側に分類されるので、まあ水と油ですわな



これ?
374:アユカケ(北海道):2010/06/06(日) 01:53:08.36 ID:fNtkLs7l
89:電話交換手(北海道):2007/11/23(金) 19:24:24 ID:XnEuGiq30
20世紀初頭に起きた、美術界の大革命「キュビズム」。
これは物体を単一焦点の遠近法によって描くのではなく、
複数視点からとらえて平面上に再構成するという革新的なものでした。
ジョルジュ・ブラックとパブロ・ピカソによって確立されたこの手法ですが、
難しいのでチ〇ポで理解しましょう。

セザンヌの絵に感銘を受けた2人は、それまでにあった春画の限界に気づきました。
「結局さぁ・・・ケツを正面から見たらおっぱいが見られないじゃん・・・」
このジレンマを解決すべく産み出されたのが「キュビズム」です。
つまりモデルの女の上下左右前後、エロっぽいところ全部描けばいい。
全部描きゃもう見た目変でもいいじゃん!頭ん中で女完成すっから!というものです。
ヒートアップした2人の春画は難解を極め、もはやエロだかなんだかわからなくなって
しまいますが、彼らは「エロじゃエロじゃ」と夢中で描き続けました。
ちなみにブラックが生涯固執し続けたこの手法ですが、ピカソにとっては
単なる一過性のものでしかありませんでした。
その後も冒険的エロを探求し続けたピカソは、まさに美術界の開拓者。
ロリ系・爆乳・SM・ハードゲイ・スカトロ・熟女・・・
それまでになかった数多くのエロスタイルを打ち出しては世間を驚かせていくのでした。
401:アブラボウズ(東京都):2010/06/06(日) 02:57:45.30 ID:TcEchmey
>>374
末期のピカソは、幼児プレイに開眼だな。
402:ペンシルフィッシュ(岡山県):2010/06/06(日) 02:59:39.49 ID:fPkfdKvR
>>374
素晴らしく分かりやすいなwww
最新ニュース
最近の人気記事
月別の人気記事ランキング
2012年
4月  3月  2月  1月 
2011年
12月  11月  10月  9月   8月  7月  6月  5月  4月  3月  2月  1月 
同じカテゴリの記事
コメント
コメントする

コメント一覧
  1. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2010年06月06日 07:39 ▽返信

    >>78の絵は小学校の壁に張って合っても見分けつかないと思う

  2. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2010年06月06日 07:57 ▽返信

    ピカソの絵はラクガキじゃないよ。ただの商品だよ。

  3. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2010年06月06日 07:59 ▽返信

    まあ、ぶっちゃけ言ったもん勝ちだよね>絵の値段
    知名度ある奴が評価する、そして馬鹿がそれに流される
    価値が決まるのなんてこんなもんだろ?

  4. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2010年06月06日 08:04 ▽返信

    本人が子供の絵を目指してたんだしいいんじゃね?
    芸術はどうしても自己完結しなければいかんし。
    それを評価する人が多いってことで。

    ピカソはいい画家だと思うなあ

  5. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2010年06月06日 08:31 ▽返信

    本物のピカソが2万で買えるならそりゃ買うだろ
    どっかのアホが100億円とかで買ってくれる可能性があるんだぞ

  6. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2010年06月06日 08:40 ▽返信

    皆生で見た事無いのだろうか?笑える位すげぇぞ?言葉にできんけど。

    写実的な絵は画集とかネットで見ても楽しめるけど、近代になってからの絵はマチエール(絵肌)に力入れてるから実際に見ないと平面的で幼稚に見えてしまうのはしょうがない

    でも確かにただの落書きだろってのも多いけどな

  7. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2010年06月06日 08:41 ▽返信

    芸術がビジネスになるのは気にくわないなあ
    金になるから高い評価されるって何か違うだろ

  8. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2010年06月06日 08:44 ▽返信

    まぁなんだ、俺には芸術ってやつは一生かけても理解できないんだろう

  9. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2010年06月06日 08:48 ▽返信

    絵画の価値ってのはその画家の始点と終点で評価されるんだよ。
    だから生前に評価されるやつが少ないんだ。
    ピカソの落書きみたいな絵がパッと出で評価されてるわけじゃないんだからお前らが似たようなものなら俺でも描けるって言っても意味ないよ。
    だってお前らはピカソじゃないじゃん。
    ピカソは画家として基礎をちゃんと持ってるんだから一緒にするのはちょっと失礼じゃね?

  10. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2010年06月06日 08:57 ▽返信

    TVで本物のピカソの絵と東京芸大の学生が描いたピカソっぽい絵をどっちが本物か?
    って見分けるクイズをやってて、最初はこんなん絶対わからんwwって思ったが
    見比べるとはっきり違いが出て、どれがピカソかすぐわかるのが驚いたな。

  11. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2010年06月06日 09:09 ▽返信

    自分にはピカソの良さがわかんないけどピカソ語ってる連中も大概すげーなwww
    >>1はムンクの「叫び」を「ムンクの叫び」と言ってしまうタイプか
    ゲイジュツ的イミアイや商品的価値やネームバリューの話なんかしても不毛だから自分が惹かれるかどうかってだけの話でいいじゃん
    地味なんだけど存在感がすごい自画像ばかり山ほど描いてた日本人画家…名前ど忘れ中だけど「チョーいいんだよ大好きなんだ」って誰かに見せても「ふーん(意味ワカンネ)」って感じだよ
    いちおう美術の教科書の日本人画家のとこに必ず絵が載る人なんだがww

  12. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2010年06月06日 09:11 ▽返信

    >つまり、「写真は現実を描けるけど、絵画は現実ではありえない事を描けるぞ」っつー話だな。
    >そういった“高尚な絵画”を評価する動きへの皮肉としてポップアートが登場し、
    >萌え絵もそっち側に分類されるので、まあ水と油ですわな
    この辺のくだり面白いなw

    まあでもデッサンや平面構成少しやったことあるヤツなら
    一般人が描いた落書きとキュビズムの違いぐらい一発でわかるな
    単純な線でも構図や配置の良さや色の選択に線の描き方や塗りの技術でバレる

  13. 名無しさん 2010年06月06日 09:12 ▽返信

    ヒソカと思ったのは俺だけではあるまい。

  14. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2010年06月06日 09:12 ▽返信

    ゴミみたいなフィギュアがサザビーズで数億になっちゃったりするのと同じだ。
    大半の日本人があんなものに金は出さない。
    落書きみたいな絵でも価値を感じる人間が多ければ値段が付く。

  15. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2010年06月06日 09:26 ▽返信

    誰が描いたかだよ

  16. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2010年06月06日 09:33 ▽返信

    ピカソ展は大体ピカソが若い頃に描いたクソ上手い写実的な絵も展示してあるから、行った人は大抵評価変えるんだよね

  17. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2010年06月06日 09:34 ▽返信

    なんか年に1度は立つ定期スレになってるな
    立ててる奴も同じ奴なんだろうなきっと

  18. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2010年06月06日 09:36 ▽返信

    >>47は好き、>>78は落書きにしか見えない。>>108も評価する

  19. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2010年06月06日 09:45 ▽返信

    人の価値観なんて千差万別だろ。
    俺は基本二次元嫌いだし

  20. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2010年06月06日 09:49 ▽返信

    いいか
    ここにある使ったティッシュ

    俺が鼻かんだ後なら無価値だが
    美人のお姉さんが鼻かんだ後なら高額になる

    そういうことだ
    有名なら落書きでもおk

  21. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2010年06月06日 10:09 ▽返信

    さすが伊集院。
    ちんぽで説明すればみんな納得だな。

  22. 名無しさん 2010年06月06日 10:16 ▽返信

    >108 ピカソが描いたのかと思ったwww

    抽象画において、あのピカソも“だましてやった”みたいなことを言っている。
    “ゲルニカ”も戦争の残虐さを現実よりも描いている、と画壇は評価しているが、
    ピカソは兵として戦場に行ったことはないだろう。
    他人が戦場で戦っている時、ピカソは女の尻を追っかけるのに一生懸命だった。
    戦場の悲惨さ残虐性は絵などには描けない!

    いい加減、ブランドで芸術を評価するのはやめてはどうか。

  23. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2010年06月06日 10:29 ▽返信

    結局、ああいう絵を理解するにはそれ相応の専門的な知識が必要ってことだろうな。

    スポーツだって音楽だって盤上遊戯だって勉学だって専門的な知識がなければ理解できない一線があるしな。
    俺みたいな凡人からしたら理解できなが、凄い事なんだろうよ。

  24. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2010年06月06日 10:31 ▽返信

    凡人には分からない絵ってそれ大半の人にとってのゴミって事だよな

  25. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2010年06月06日 10:38 ▽返信

    何年も前からピカソは落書きっていう話見かけるな。
    ピカソの絵が理解できなくて無駄にプレミアがついてるように感じて気に食わないんだろうが、
    アートは性格のぶつかり合いのようなものだから合う合わないがあるのは当然。
    まぁ、知名度によるビジネスが存在するのも確かだけどだからといって絵が理解できないからって落書きとか適当な事抜かすやつは嫌いだな。
    俺は絵は全般理解できないけど。

    ただ、新たなジャンルを開拓するパイオニアに価値があるのは当然。
    それを利用してすごい作品を作ってくれる人がいるかもしれないし。

  26. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2010年06月06日 10:48 ▽返信

    「この絵を理解して評価することに一体何の価値があるのか」
    その疑問にとりつかれ、絵の内外に自分の価値観を置いて楽しむ。
    絵画そのものへの評価なんてたかが知れている。

  27. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2010年06月06日 10:50 ▽返信

    それなりの芸術作品にはそれなりの知識が必要だとは思うんだけどね
    万人に理解されるものが芸術という認識は間違えているよ
    わからないからといって貶すのは論外だし、ただ拒否するのも余りにも幼稚

  28. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2010年06月06日 10:54 ▽返信

    まあゲルニカ以外のキュビズムにそれほど価値は感じないのも確か。

    但し、ゲルニカだけは世紀を超えて訴える何かがあるのも確か。

  29. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2010年06月06日 11:10 ▽返信

    歴史的価値だって芸術の内。
    ただ、それにつられて絵画の評価まで高くなるのはどうかと思う。

  30. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2010年06月06日 11:13 ▽返信

    20世紀以降の芸術は専門知識を持って楽しむ物が大半を占めてるけど別に万人が理解しなくても良いと思う。
    専門分野の研究ってそういうもんだろ

  31. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2010年06月06日 11:18 ▽返信

    このスレ定期的にたつNE!
    現代芸術否定のやつらは一回マルセル・デュシャンについてぐぐってみろ。
    お前等とにたよう同じこと思って、行動した人だ。
    ちなみにそれまでのキュビズムを否定(キュビズムの中に動きを取り入れた)人でもある。

  32. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2010年06月06日 11:32 ▽返信

    MTG(カードゲーム)のイラストみたいなのを芸術って言うと思うんだ

  33. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2010年06月06日 11:39 ▽返信

    「ピカソの画」って分かって見てるってのが大きいと思う。

  34. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2010年06月06日 11:46 ▽返信

    近代を経て、もう芸術が何だかわからなくなってしまったのがいけないんだろうな
    ピカソの絵にしろ、もともとは時代を切り開く役割を果たしていたけど
    いまの芸術はほぼ閉じた世界の作品でしかないからな。
    だいたい芸術なんて万人が感動しなければ意味が無いものだし
    ※30のように「おれには関係ない分野」って認識の人がほとんどな現状が悲しい。
    もちろんそのコメントを非難するわけではなく、むしろ多いに非難すべきは芸術界。

  35. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2010年06月06日 11:48 ▽返信

    芸術が存在してるのはまぁ許せるけど、他のジャンルに出張してくるのは許さん。
    芸術性を重視した建物とかおふざけにしか見えない

  36. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2010年06月06日 11:51 ▽返信

    高価な絵画の取引はただのマネーロンダって言ってるだろ

  37. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2010年06月06日 11:54 ▽返信

    ピカソの絵を落書きだって思う方が自然だと思う
    逆に、この絵は素晴らしいって言うやつは、本当に芸術を分かってる人もいるだろうけど
    大半は知ったかだと思う
    俺はデッサンやら塗りかたやら時代やら言われても不思議でごちゃごちゃした絵だな
    ぐらいにしか思えん

  38. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2010年06月06日 12:05 ▽返信

    おまえらは気がつかないかもしれないが、エロ漫画にも軽くキュビズムの要素は受け継がれ、現実には無理な構図だが抜ける構図の絵というものを実現している。
    ピカソというかセザンヌ辺りの開拓した新境地は現在も脈々と受け継がれ、俺達にも恩恵をもたらしている事は否定できない。
    そう頭ごなしに批判せず、興味を持って勉強してみて触れてみてはどうだろうか。

  39. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2010年06月06日 12:06 ▽返信

    村上隆・・・・・・・・・・・

  40. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2010年06月06日 12:10 ▽返信

    キュビズムの結果出来上がったのが落書き同然なら、それはやっぱり落書きだろう

  41. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2010年06月06日 12:16 ▽返信

    もうピカソがそういうこと言っちゃってます。

  42. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2010年06月06日 12:17 ▽返信

    もうピカソがそういうこと言っちゃってます。

    「ぶっちゃけ今の俺の絵って落書きじゃね?」と

  43. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2010年06月06日 12:18 ▽返信

    写実的に文句ない絵が描ける上でとか、ピカソだからとか、投資価値とか、全部関係ない。
    このなかで実物見て批判してるやつが何人いんだよ。モニタで見てちゃなにもわかんねえよ。
    料理の写真見て、味を評価するのと同じくらい愚か。

    芸術は面白いよマジで。漫画やアニメが面白がれるなら、まだ遅くない。今すぐ見に行くべき。
    もれなく人生が豊かになる。

  44. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2010年06月06日 12:22 ▽返信

    漫画のデフォルメと同じだよ。
    強調と表現なんだよおおお

  45. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2010年06月06日 12:23 ▽返信

    俺は絵のことはよくわからんが、
    でも実物をはじめて見た時は、ピカソの絵って知らなくてもそちらに目が行ってしまうくらいめちゃくちゃ力があったぞ
    しかも見てると圧倒されて疲れるんだわ。だから家には置きたくないな。


    美術に限らず音楽でもそうだが、芸術は生で感じるのが一番だと思う
    ただ、データ化された時に品質が落ちにくいものと全く価値がなくなってしまうものがあるんだろうな。
    その良さがデータ化、量産化しづらいものは、少なくともネットじゃ評価されにくいだろうな

  46. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2010年06月06日 12:25 ▽返信

    やはり芸術ってのは描いた人の人生史と照らし合わせる事こそが魅力だと思うな
    陳腐な例になるけど、萌え絵だってキャラクターやらストーリーやら声優やらが
    あって初めて真価を発揮するってのと同じなんじゃないかなと個人的に考えてる

    ピカソも、高度な描写技術を獲得しておいて、そしてそれを崩した事を評価すべき
    書道なんかでも、行書体で学んでおきながら、草書体として崩すことに魅力がある
    その背景を教えず絵一枚だけを出して評価しろってのはあまりに無味乾燥としすぎ

    まぁそういう意味で、ポストモダンアートは行き過ぎたのも多い気はするよね
    人生史すらも解体するようなのが多すぎだ。村上隆とか空っぽの芸術作り過ぎだ
    それこそ、ピカソの絵はスレ>>32の写真を見た後にこそ魅力を放つというのに

  47. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2010年06月06日 12:32 ▽返信

    明治時代のの外国の作家について討論してるって平和な国だな。

  48. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2010年06月06日 12:35 ▽返信

    大衆は芸術の内容を理解したがるし、自分達が理解できる理由を欲しがるもんだからね。
    子供の落書きと一緒とか言うヤツは、子供の落書きがどんなに素晴らしいものなのかを知らないんだよ。

  49. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2010年06月06日 12:39 ▽返信

    「キュビズムってのは~」って言いながらピカソがいかに素晴らしいかを解説してる奴


    キュビスムだろ

  50. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2010年06月06日 12:51 ▽返信

    ※49はフランス人

  51. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2010年06月06日 12:55 ▽返信

    ぶっちゃけ、ピカソは分かりやすい方だぞ。

    現代美術とか前衛芸術とかやられると、鑑賞そのものが苦痛になることもあるしな。よほどの天才的なヤツが出てこない限りは、前衛系統は受け入れるのは難しい。ついでにいうと、前衛ってその流れ、流行の行きついたところまで窮めた試しがないだろう。

    50年近く前に開高健が「ピカソはホンマに天才か」って本を出しているんだが、絵画表現をまるで理解できない連中ってのは、こういうのを言うんだなと思った。知識は一級品だけど、鑑賞眼がないんだよな。開高は結局のところ耳鼻口でしか芸術を理解できないタイプだったわけだが、かといって自分で料理を作ってみたいなこともしてないから、随分と偏りのある評論家ではある。

    つーか※で「ピカソだとわかる」ってのに座布団10枚あげたいな。アートとして評価法としては卑近すぎるが、それが一番だと思う。

  52. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2010年06月06日 13:15 ▽返信

    ※46
    お前は学歴で対人評価が変わったりするタイプだろ。
    村上隆をバカにするやつはリトルボーイを読め。そしてその偉大さに痺れろ。
    あと、ピカソ以上の高度な描写技術持ってるやつなんて日本にも捨てるほどいる。
    その事実を踏まえてもの言えよな。

  53. 名無しさん 2010年06月06日 13:19 ▽返信

    思考停止するか、深く抉ってみるか。
    ピカソはその名を利用して試しているように思えるわ


    ぶっちゃけ、絵自体は写真の登場に対抗してというだけでなく、信奉へのアンチテーゼも内包してるだろ。
    こういうスレを立てるような輩もピカソの手中にあっただろうぜ

  54. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2010年06月06日 13:24 ▽返信

    正直ピカソとかの絵を見ても
    油絵って普通の絵より燃えやすいんだろうかとかそんなことくらいしか考えないなぁ
    正直ただのガラクタにしか見えん

  55. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2010年06月06日 13:30 ▽返信

    ※5
    そういうことじゃないでしょ
    ピカソの価値が下がって世間で2万円ほどの絵になったら買うかって話

    結局知名度や値段だけでしか見てなくて絵の良さは見ることはないよな
    例のフィギュアやピカソより高い値段がついた絵とか

  56. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2010年06月06日 13:37 ▽返信

    写実性でしか絵を見ないのかこいつらは

  57. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2010年06月06日 13:38 ▽返信

    ナポレオンの卵

  58. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2010年06月06日 13:39 ▽返信

    間違えた、コロンブスの卵だ

  59. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2010年06月06日 13:46 ▽返信

    「確かに上手いんだけど、普通だよね」

    って馬鹿じゃねえの??
    絵を描くっていうのは物の見方がとても重要なんだよ。
    11歳でここまで表現できるのはすごいことだよ

    自分らが11歳のときはどんな絵描いてた?
    棒に刺さったウンコとかだよな。

  60. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2010年06月06日 13:46 ▽返信

    >>47の画はカックイイと思う
    それ以外は・・・うーん

  61. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2010年06月06日 13:51 ▽返信

    単純に家の額縁に飾りたいかどうかを考えたらどう?

  62. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2010年06月06日 13:54 ▽返信

    78はある意味一番面白い
    夏休みの絵日記にしか見えん

  63. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2010年06月06日 14:18 ▽返信

    作品の価格と内容がつり合ってる必要はない。ピカソが高いのは投資の対象だから。

    ※34>だいたい芸術なんて万人が感動しなければ意味が無いものだし
    違う。歴史的に見ても芸術は一部の貴族と知識人と金持ちが内輪でつくりあげてきたもの。
    主題や図像や美術史に関する知識がなければ理解できない。
    「万人を感動させる芸術的直感」みたいなのはオカルト。
    印象派の風景画にさえ古典からの引用が隠されてるし、美術が万人に開かれたことなんて一度もない。

  64. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2010年06月06日 14:36 ▽返信

    値段が絵の優劣みたいになっちゃってるからいやなんだよな

    それは別として、ピカソの絵は大好きだ
    展覧会行くと、すごく気分が高揚して帰ってこれる
    絵を見るとモデルのどこが大好きだったのか、ものすごくわかりやすいし
    彼の考えてたことがすごく伝わってくるよ

  65. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2010年06月06日 14:46 ▽返信

    世間では天才画家=ピカソっていう感じだが
    絵画史上最もすごい画家はセザンヌ(次点でマネ)
    絵画史を大別するならセザンヌ以降・以前で分けられる
    20世紀以降のピカソもブラックも抽象画家たちもセザンヌの子供に過ぎない

    ただしすごいのは革新的だった理論で彼の絵自体は眠い

  66. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2010年06月06日 15:12 ▽返信

    >>98に捧ぐ、裸の王様の裏話。
    『ある日王様に異国から助言役っぽいのがついて、数ヵ月後、王様は裸で民衆の前に立った。子供は「王様裸だっ」って叫んでたが、大人はみんな気づいてたよ。母親は優しく言った。「違うわ坊や。王様はちゃんと着ているじゃないの。そう、筋肉(マッスル)という衣服をね』 王様はトレーナー雇ってメタボ脱出したって話。

  67. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2010年06月06日 15:24 ▽返信

    ※65
    ドコで美術史習ったの?
    キュビスムの祖という意味でならセザンヌだが、
    キュビスムは絵画史の変革のほんの一部にしか過ぎない。
    よってセザンヌとマネに優劣をつけることは出来ない。

  68. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2010年06月06日 15:25 ▽返信

    絵に遠近法取り入れた最初の絵画って中世の絵じゃなかったっけか?
    始点も>>395みたいなのじゃなくて確か少なくとも3点あってそれをディフォルメして構成してたかと
    つか>>395が言ってるのはそれこそ最初期のピンホール写真描画じゃん

  69. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2010年06月06日 15:27 ▽返信

    アニメでも見ていれば

  70. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2010年06月06日 15:46 ▽返信

    ピカソ美術館行ったけど、「なんだこのエロじじいwww」って思ったっていうのが正直な感想だったなぁ。エロ作品はピカソを知るには外せない要素の一つだと思うが、こういう所には出てこないのが残念だ。

  71. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2010年06月06日 16:02 ▽返信

    まず本物見に行け
    それからぎゅっと小一時間ぐらい1枚の絵に対して時間をかけて眺めてみろ
    それで見る目が開くから

    でもまぁ、有名だろうと気に入らんし理解出来んものは自分にとって屑、
    それが美学ってもんでもあるわな

  72. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2010年06月06日 16:40 ▽返信

    ちょっと違うが、前衛芸術は一生理解したくない、なにあのゴミ?あとジミー大西。

  73. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2010年06月06日 17:02 ▽返信

    ※63が正解
    明治時代だろうが、紀元前のものだろうが馬鹿に理解できないものは出来ない
    哲学や数学がそうであるように芸術もしかり

  74. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2010年06月06日 17:19 ▽返信

    ※65
    一番がセザンヌだとかマネなわけないだろ
    最も偉大な画家ならミケランジェロ、ラファエロ・ティツィアーノ・ベラスケスあたり
    19、20世紀ごろの人間が一番なんてありえない
    美術史を大別するなら、まずルネサンス前後

  75. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2010年06月06日 17:34 ▽返信

    適当に美術展回ったり画集眺めたりしながらビビッと惹かれた人の作品がある美術展に実際行って、その後何度も何度もその画家の絵を見に美術展に足を運んだり未収録作品探して画集買ったりするくらい好きなら評価とか美術的な知性なんか要らないんじゃないかと思う
    某古代文明の刺繍展見るためにぶらっと埼玉の奥地に行って帰れなくなったとかいい思い出
    役人が趣味で描いてた絵がたまたま芸術家の目に留まって絶賛された(本人「え?そう?嬉しいけどなんか照れるなテヘヘ///」くらいの認識)っていうアンリ・ルソーの作品はどこへ行けば生で見られるのだろうフランスとか無理

  76. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2010年06月06日 17:56 ▽返信

    まあ絵がうまいとかじゃないだろ。
    現在その人の絵にどの程度の価値があるかだからだからな。
    ピカソがデッサンできるからこそ~とかいってるけど
    その絵もピカソがてきとーに5分くらいで描いただけかもしれないしな。
    キュビズム?俺ならまちがいなくそこらへんのエロ絵を選ぶわ。

  77. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2010年06月06日 17:57 ▽返信

    そもそもてめぇら素人を感動させるためのものじゃないから

  78. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2010年06月06日 18:14 ▽返信

    ピカソに限らず、作家がいろんな手法でたくさんの作品を創っていって、やっぱり個々には当たり外れがあるんだろうね。
    ただ、ピカソやその他天才と呼ばれる作家だと、当たりの奴が飛びぬけて凄いことになっている。
    そこが天才と呼ばれる所以じゃあないのかな。
    で、天才となると、ちょっとアレだった作品もつられて評価が上がるということではないだろうか。

  79. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2010年06月06日 18:21 ▽返信

    金持ちの道楽だろ

  80. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2010年06月06日 18:49 ▽返信

    キュビズムは悲しみとか不安を表現するのが最適だよね

  81. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2010年06月06日 19:14 ▽返信

    日本人の金持ちってかマスコミもだがゴッホ好きだよなぁ
    なんでだろう

  82. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2010年06月06日 21:59 ▽返信

    まあ分かんない人は分かんないでいいんじゃないの?

    もともと芸術なんて万人のものじゃないだろw

  83. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2010年06月06日 23:30 ▽返信

    ピカソの絵が落書きか

    じゃあ、野球も只のタマ当てだな
    サッカーだって只の玉蹴りだな
    コレと言っていることは一緒だろ
    極論すぎる

  84. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2010年06月07日 01:59 ▽返信

    ピカソの落書きみたいな絵は沢山あるよ
    一部のすごい絵が全体を押し上げていると思う
    普通の画家だったら失敗として世に出さない絵を出してるから作品数が多いのでは

  85. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2010年06月07日 02:43 ▽返信

    あなたが深夜コンビニに買い出しにいったら、運悪く強盗に遭遇し、人質にされた。
    刃物を突きつけられているし、かなり興奮している犯人を見て
    自分の人生ここで終わりだと、諦めかけたそのとき
    床に置いてあったバナナの皮で強盗が滑り
    後頭部を強く打ち気絶して助かったとしたら
    その瞬間ただのバナナの皮は、あなたを救ったバナナの皮になる。
    あなたの中で。
    ものの価値ってそんなもんだよね。

  86. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2010年06月07日 02:49 ▽返信

    要は、当時ああいった奇抜な画風で描く人が少なかったから話題になった
    ってチビの時習ってた絵画の先生が言ってた。
    絵が巧いとかは置いといて、名声が上がったのはそれが大きな要因という話も。
    ピカソの普通に描いた絵見たことあるけど「ほんとに同じ人がかいたのか?」って思うくらいマトモな絵だった。
    絵も、発明とある意味同じで「最初に描いたもんがち」らしい。

  87. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2010年06月07日 02:52 ▽返信

    最後のちんぽのやつ、どっかで聞いた覚えがあると思ったら
    伊集院のラジオのやつかww

  88. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2010年06月07日 02:56 ▽返信

    ピカソ辺りの有名な画家で、誰だか忘れたけど
    「これは芸術なの。芸術がわからないお前はバカ」って、「芸術」で人を見下し始めたら手遅れのバカだって言ってた。
    芸術だなんだって高尚みたいだけど、昔芸術家さんは今でいうキモオタとか変態とか特出した人物が多かったらしい。
    山本太郎は「絵は見る人がそれぞれ判断してそこで成立する」みたいなことを言ってたな。だから絵について聞かれても「あなたが絵にきいてくれ」って常に言ってた。

  89. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2010年06月07日 02:59 ▽返信

    ピカソの絵はただの落書きじゃなくて、ピカソが描いた落書きだろ
    誰が描いたかが重要

  90. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2010年06月07日 03:02 ▽返信

    >ピカソの絵を落書きだって思う方が自然だと思う
    >逆に、この絵は素晴らしいって言うやつは、本当に芸術を分かってる人もいるだろうけど

    ラクガキみたいに描いたからインパクトあって「なんだこの絵は!?」ってなったんだろ。普通の絵じゃなかったから。
    ゴッホだって、今は評価されてるけど当時は何描いても売れなくて極貧のまま死んでいったし。当時の人に芸術を理解する能力がなかったのか?というより、その世代の「流行」が大きいと思う。

  91. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2010年06月07日 03:05 ▽返信

    ピカソは素晴らしいって思う人は多いだろうし
    世界中で評価されてる時点で手が届かないくらいすげぇとは思うんだが

    「この絵を素晴らしいと思え!」って押し付ける奴は確実にエセ芸術家。

  92. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2010年06月07日 03:06 ▽返信

    90いくつまで生きたんだっけ?
    死ぬまで「女体!女体!女体いいいい!」だったらしいな。
    ある意味元気な人だ。

  93. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2010年06月07日 03:08 ▽返信

    >「この絵を素晴らしいと思え!」って押し付ける奴は確実にエセ芸術家。

    こういう奴は描き手にも迷惑だろうなw


  94. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2010年06月07日 03:11 ▽返信

    日本の春画にハマってコレクションしてたんだっけ

  95. 名無しさん 2010年06月07日 06:58 ▽返信

    誰てもかける
    子供の落書き
    っていう割りに誰も絵をアップしなかったのか?

  96. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2010年06月07日 08:08 ▽返信

    ずっと前に箱根の美術館行ってピカソの絵見たけど
    あの画風を確立する前の若い頃の絵が鬼のように上手くてビックリした記憶がある
    子供ながらに、プロの画家の絵ってすげぇって思ったなぁ

  97. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2010年06月07日 09:53 ▽返信

    でも、ピカソが落書きとか言ってる奴も、判子萌絵師ありがたがってるよねw

    どっちも、他人から見たら「鰯の頭も信心から」

  98. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2010年06月07日 09:56 ▽返信

    したり顔でフルネーム出してる奴がいると思ったのに

  99. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2010年06月07日 10:28 ▽返信

    まぁ、しろうとなんで見る事は無いなぁ

  100. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2010年06月07日 11:45 ▽返信

    芸術とは人をどれだけ感動させられるか、人の心にどれだけ衝撃を与えられるかだと思う。もちろん感動する基準なんて本人の感覚でしかないので差があって当然。だから私はピカソより、はいだしょうこ(しょうこお姉さん)のスプーの絵のほうが芸術だと思う。

  101. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2010年06月07日 11:49 ▽返信

    どれだけ人の心に衝撃を与えられるかで考えると、凄くうまい絵の中で、一つだけ凄い下手な絵があれば、凄い衝撃を与えられる。人はそれを芸術と錯覚するのではないでしょうか?

  102. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2010年06月07日 12:24 ▽返信

    手塚先生の生原稿だって
    手塚先生が何したかってバックボーン無かったら単なる絵の描いてある紙だろ

    その人間に価値があるから
    その人間の作った物に価値が出るんだよ

  103. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2010年06月07日 12:28 ▽返信

    ※75
    ルソーは東京国立近代とか世田谷美術館にあるよ!
    大原美術館にもあったはず!

  104. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2010年06月07日 12:31 ▽返信

    ※85
    お前それは芸術の偉大さを証明してるぞ。
    ただの布の上にのった絵の具が、ある人にとっては心を動かす作品になる。

  105. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2010年06月07日 13:02 ▽返信

    ※102
    んなわけねえだろ。それはあくまでも付加価値。
    真の価値は物のほうにある。
    カラヴァッジョは殺人犯だったんだぜ。

  106. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2010年06月07日 13:54 ▽返信

    芸術とかって
    自分が好きか嫌いかで楽しめば良いじゃん。

  107. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2010年06月07日 14:07 ▽返信

    結局知ったかでワロタwwwww

  108. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2010年06月07日 14:08 ▽返信

    今の絵画とは、昔の絵画~写真のように、現実を模倣するだけの表現にとどまらないんだよ。
    具体的なものを見えてるままに描かなけりゃいけないなんてのは、写真がなかった頃の過去の美術の概念に引きずられて、無意識に思い込んでるだけ。

    画家の分母が増えすぎて、あらゆる表現が出尽くした感がある現代において
    より価値があるのは、新しい表現の「開拓者」であることだと思うよ。

  109. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2010年06月07日 14:37 ▽返信

    キュビズムの絵を見て、「これなら描ける!」って描くことはまあまあすごいけどさ、
    ピカソはその手本とか全く無くて、自分の中からしぼり出したんだから
    そこはものすごいと思うよ。常人には無理だ。 ヒント0からあれを産み出し、
    周りの人にも認めさせたんだからさ。

  110. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2010年06月07日 17:52 ▽返信

    あああああああああああああああああああああああああああああああああ


    おまえら本当にピカソの絵のすごさがわからねーの????
    良いこと教えてやる。

    ピカソとか高い値段がついている作品は、あぁなんだこれ?? っとしかおもわねーだろ

    ピカソレベル迄行けない画家の作品みてごらん。

    風景だねー。夕方かなー
    なつかしい感じだねー。
    女の子だねー。美人だねー。
    美少女が外見てるねー。放課後かなー?

    そういった感情が生まれるだろ? これが、絵本の様な稚拙な物語性を持った下手な奴の絵。

    この物語性をいっさい排除したうえで、出来ているのが本物のアートなんだぞ。
    タイトルとかから連想されるものはあるかもしれないけれど。

    ピカソの作品をみて、何か思い浮かぶ物語があるか? そういった目で絵をみてみろ。
    活眼するから。海辺で女が立っている絵があるとしても、そこにストーリーを感じなければ、それは本物のアートだ。
    そこに、あー懐かしいとか、気持ちよさそーとか感じる作品は、まだ一流の作品ではない。

  111. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2010年06月07日 17:55 ▽返信

    お前らも有名原画家の落描きレベルの鉛筆描き同人誌に金払ってるだろ
    何でそんなのにって聞くと「いやホントは上手い人のだから」って言う
    それと同じ

  112. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2010年06月07日 18:45 ▽返信

    実際に芸術として凄いんだろうけど
    ピカソを評価してる奴らのうちどれくらいがそれを理解してるんだろうね
    俺にはさっぱりわからないので馬鹿馬鹿しいと思います

  113. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2010年06月07日 18:59 ▽返信

    それぞれ好みでいいんじゃない
    この画家の色づかいが好きとかタッチがいいとか
    でもピカソの人生って楽しそうでいいな…
    長生きだし恋愛しっぱなしだし才能はあるし…

  114. 時は来た 2010年06月07日 19:01 ▽返信

    ゲルニカってデカイらしいですね。
    一度生で見てみたい。

  115. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2010年06月07日 19:41 ▽返信

    書いた人よりも、それを評価して価値を付けて
    他の人に認めさせた人が一番凄い

  116. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2010年06月07日 19:49 ▽返信

    >>110
    あぁなんだこれ??と思うのが凄い事って事?
    いやいや、全部が全部名作と言う訳では無いよ
    ビートルズ好きな人ならビートルズのメンバーが使ったハンカチにも
    高額をつけるだろうな。
    「ピカソが書いた」から、価値が付いているだけのもあるよ

  117. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2010年06月07日 19:53 ▽返信

    現代アートの価値云々は置いておいて。

    落書きみたいな絵に、阿呆みたいな値段がつく。

    それって資本主義の本質だから。

  118. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2010年06月07日 20:57 ▽返信

    ピカソが書いたなら白紙でもいいってことだろ?

    なんか宗教じみてるな、そいつがやることはなんでも正しいって言ってるようなもんじゃん

  119. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2010年06月07日 21:08 ▽返信

     確かにピカソの絵は落書きなどではなく、確実な(などというより飛び抜けた)基本を持った人でないと書けないことは認めざるを得ない。
     ただ、ピカソは「天才」ではなくて「秀才」だと思う。
     「こう訴えたい」「こう新しく表現したい」と考えて開拓した人だから。

     「天才」は岡本太郎や棟方志功のように、体から溢れ出るものをただ表現した人。

     とオレは思う。

  120. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2010年06月07日 21:24 ▽返信

    >>110
    なんかなるほどと思ってしまった自分がくやしいです

  121. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2010年06月07日 21:34 ▽返信

    絵に101億も出せない
    というか101億出す価値のあるものなんかこの世にあるんだろうか
    命とか平和以外で

  122. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2010年06月07日 21:58 ▽返信

    正直絵に値段なんて付けられん

    ピカソとルノアールだったら、昨今はピカソの方が高額だけど、どっちが優れてるなんて言いようがない

    しいて言えばピカソという20世紀美術の開拓者の絵を高額で買うということが、
    落札者たちの生きた20世紀という時代そのものの価値づけになる(と考えてる)からじゃないかな

    ウォーホルみたいなポップアーティストの作品にも尋常じゃない値段が最近は付くけど、おそらく同じ理由じゃないだろうか

  123. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2010年06月07日 23:55 ▽返信

    素人がF100号のカンバスにいきなり絵具ぶちまけて
    ピカソの絵と同じに見えるならなんら価値もないけど
    それができないから価値があるんだっつーの。
    ついでに天才的な絵の手腕と常に先進的な思想で
    現在に至る芸術を開拓していったんだからそりゃ評価もされると思うが。
    だがそれはそれとして絵が何百億とかってのは確かに俺もおかしいと思う。

  124. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2010年06月07日 23:56 ▽返信

    教養も知識もない奴が絵のことわかるわけがないだろ


  125. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2010年06月08日 03:46 ▽返信

    ※124
    たまーにそういうことを語り出す人がいるけどさ
    実際大部分の画家って大した教養も知識もないよね
    なんでそんな画家の描いた絵を見るのに教養と知識が必要になると思うわけ?

  126. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2010年06月08日 05:45 ▽返信

    例えば、ピカソの絵を俺が所持してたとして
    公開しても価値は付かない。
    まず、ピカソ本人が書いたかの検定が始まるだろう。
    つまり、一目見て価値が分かる人間など一人もいないのだ
    本当に価値があるのなら、誰が書いても関係ない筈だよ

  127. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2010年06月08日 07:04 ▽返信

    あっ検定じゃなくて鑑定だったスマソ

  128. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2010年06月08日 09:35 ▽返信

    42が気に入らん
    普通だとか言って他の絵は落書き見たいって批判するしなんなんだよ

  129. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2010年06月08日 09:44 ▽返信

    >>125 芸術として評価したいなら、
    むしろ教養はないほうが純粋に判断出来るんじゃないか?
    教養すなわち、これは「ピカソの絵」「101億の価値がある。」「世界中が評価している」
    という先入観があると、これこそが芸術なんだと思う

  130. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2010年06月08日 14:10 ▽返信

    ※125
    知識と教養が必要なのは、それを見たときに得られる情報量が多いから。
    例えば縄文人に現代の1万円札見せても価値がわからない。
    現代人であることで1万円札の価値が分かる。
    さらに知ってる人は、すかしやマイクロ文字、特殊発光インキが使用されていること、それが偽造防止であることまでわかる。
    縄文人の中でも天才だったら、初見の1万円札から偽造防止の意味まで読み解くものもいるかもしれないが、そんなことまで考えれる人間はそうそういない。

    ものが評価される上で大事なことは、誰に見てもらうか。
    それは少なくとも貴方ではない。
    ちなみに大部分の画家が知識と教養を持ってます。

  131. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2010年06月08日 20:41 ▽返信

    しかし、絵の価値程当てにならない物は無い
    例えば、>>1と同じ絵が極論で千枚後で見付かったらいくらになるのか?
    それが1万枚だったら?
    本当の価値っていくらかといったら、
    突き詰めていくと全てが千円程なんじゃないだろうか?

  132. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2010年06月09日 18:20 ▽返信

    俺は結構>>108の絵好きだ
    なんかゆめにっきとかみたいな、ちょっと頭逝ってる振りしてる感じな絵が好き

  133. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2010年06月13日 00:58 ▽返信

    1の絵はエロい描写のはずなのにエロい感じはせず、
    見ていると落ち着く。

  134. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2010年06月19日 06:09 ▽返信

    >>1の絵を見て
    赤い枕を選んだのは、ピカソなのか?
    偶然赤だったのか? じゃあ青だったら
    この絵は描かなかったのか?
    モデルがどんな体型でもこの描き方になったんじゃないだろうか?
    配色に計算があったのだとしたら、あらかじめストーリーありきと言う事に
    なる・・・つまりもう描きたい絵はモデルがポーズをとる、とらせる前に
    決まっていたのだ・・そうだとすると>>110の意見は成り立たず全てに
    ストーリーありきと言う事になるのだが

  135. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2010年06月19日 06:28 ▽返信

    続き 
    だって、上の方で誰かが構図がしっかりしてるとかレスした人が
    いた様な気がしたが。それならば書く前にきちんと描く対象を
    その様に配置せねばならない。俺はストーリーが読めないのは、その人(ピカソ)が
    ある意味狂ってしまっているからだと思う。だからこそ
    描き方のベクトルが偏ってしまっているのだろう
    つまり以前のデッサンの精密さが先入観にはいっているから
    これにも何か意味があるのだろうとこっちが勝手に思ってしまっている。

  136. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2010年07月09日 13:01 ▽返信

    テレビでピカソのモデルをやってた人の話を見たんだが
    ピカソ「君は植物みたいだ。たいていの人は動物に似てるんだが君は変わっている。」
    って評したと聞いて、
    ピカソは表現者としてやっぱりスゴいんだなと思った。

    私は別にピカソの絵が好きではないが、
    ピカソの絵と>>108を比べてどっちが上かと聞かれたら、ピカソを指差すと思う。

  137. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2010年08月11日 16:38 ▽返信

    自分の無知無教養を恥じるどころか誇るようになったら人間おしまいよ

  138. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2010年08月11日 16:44 ▽返信

    こういう絵は、単に一枚の絵としての価値だけじゃなく
    歴史や絵画の体系の中における価値も考えなきゃいけないんだぞ?
    そういう意味で、鑑賞者に教養や知識は必要

    それはそうと、ウン億円とかいう値段は、単なる投機対象としての価値に付けられた値段だから
    それを「絵の価値」と単純に考えるのは無理がある

  139. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2010年08月11日 18:15 ▽返信

    ピカソは天才。あの絵のうまさが分からない奴はセンスない


    仮にピカソが描いたって
    知らないまま絵をみたら
    俺はその絵がピカソ作だと気付かないし、欲しくもない
    ただ
    上手だということは分かる
    構図と色彩センスだけを感じ取れ

  140. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2010年09月05日 05:05 ▽返信

    「こんなの俺でも描ける」って(笑
    やってみなよ、どうせ描けないから。

  141. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2010年09月05日 09:06 ▽返信

    ピカソの凄さが最期の説明でようやくわかった

  142. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2010年09月10日 10:40 ▽返信

    要するに新幹線やハイブリッド車を作った技術者より
    エジソンやベルの方が全く新しいものを生み出したという点ですごい
    ってのと同じ理屈でピカソもすごい人だってことだろ

  143. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2010年11月29日 20:39 ▽返信

    芸術は俺にとって難しすぎる
    どのくらいの波乱万丈の人生を送ったかどうかで芸術家の評価変わるとか理不尽じゃね?

  144. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2010年11月30日 05:47 ▽返信

    歳を重ねればその人の価値が無条件に上がるわけではないけど、少なくとも現時点でのその人の作品なり、言葉なり表現しようとするすべてのものに、過去に蓄積されてきた技術では説明できないものが付加されてきます。絵画に対する知識や教養というよりも、その絵画を受け止めれるフィルターみたいなものが、経験とともにつくか、もともと備わっているかだと思います。確かに落書きなんだろうとおもうけど、やはり作品そのものがピカソであり、作品に向き合うと、この世にいないけど、ピカソと会ってるんだと思います。だから、はっきり言って写真でしか見たことないから、ピカソの絵は分かりませんよ。実際にみたいです。

  145. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2011年09月10日 23:33 ▽返信

    感性と感覚の集積・・・表現という作業を、その努力を、毛ほどもやってない凡人がピカソの絵に物申すなんて、少しでも感性が解るか努力・思考した事がある人間なら「釈迦に説法」以上の状況に冷笑しか・・・・・あのトーンや線描が、何を表現しているのか感じられない人間には、何を言っても無駄だろうが・・・

    無能な人ってのは、例えば野球の三振をみて、「三振なら誰でも出来る」という。国会議員が「記憶にございません」を聞いて、「誰でも言える」という・・・事実、可能性は限りなくゼロであり、無理な行為・・・その「世界」を知る人から見れば、子供のたわごと。 それは、何も解ってないからこそ言える●●の軽口。 結局、絵も何も、頭が動いてないから、目に映ってる事以外なにも見えてない。 「みえれば」「感じられれば」動かざるを得ない。 凡人って悩まなくていいし気軽でイイね・・・

  146. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2011年09月30日 18:24 ▽返信

    うまい!!
    素晴らしい!!   うちのじいじがピカソの絵かったよ!!!

  147. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2011年11月05日 17:00 ▽返信

    明らかに落書きって絵も有るじゃん

    無いとか言う意見は要らん

    一般人になんとなくでも『凄い』と思わせられない、なんだか意味わからんって絵でもピカソの名前がつけば3000万とかだろ

    本人も名前の一人歩きは意識してたと思うぞ

  148. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2011年11月13日 23:00 ▽返信

    >一般人になんとなくでも『凄い』と思わせられない

    ゲルニカとか一般層に評価されてるだろ
    値段に関しては馬鹿らしいと思うが
    そもそもハリウッド映画や漫画じゃないんだか
    一般層なんて狙って作ってすらないだろ。

  149. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2012年02月05日 01:52 ▽返信

    本物のピカソの絵も見たこと無いヤツが本気で言ってんのかね?
    ネタ?   10歳前後に描いた絵見て上手いけど普通じゃねって
    アホかよ。10歳前後であんな絵描けたら天才だろうがよ。
    16歳で描いた絵もあれめちゃデカイからな。
    こう言うこと言うヤツって書を見ても「字汚くね」とか言ってんだろうな。

  150. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2012年08月23日 13:58 ▽返信

    ピカソ本人は自分の絵についてどう思ってたんだろうな。
    たくさん描いてるけどこれこそ「自分の作品だ!」って意味で気に入ってるのが少ない印象がある。『泣く女』は気に入ってそう。

  151. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2012年08月24日 11:45 ▽返信

    >395
    すさまじく分かりやすいな
    感動した。印刷して残すレベル。

  152. yuio 2012年10月04日 06:41 ▽返信

    ピカソの絵は、デッサン力があるからこそ、こうなる。

  153. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2013年02月27日 16:45 ▽返信

    私にはさっぱり分からないしあげるって言われてもいらないけど
    すごいのは認めるよ、これだけ評価されてるから。
    ピカソを好きだって人を否定する気もない。

    でもたまに「ピカソは神、萌え絵はクソ」みたいな事言うやつがいるから困る

  154. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2019年02月01日 04:22 ▽返信

    ピカソはアフリカ彫刻時代やキュビズム、コラージュなどの業績があってこそ
    落書きみたいな絵に金銭的な価値がつくのはピカソが描いたから、としか言えない
    そもそも、ずぶの素人は写実的な絵を見てもどういう技術が使われてるかわからないんだから凄さを語るのも変
    一般的な大衆にとって絵は自分が凄いと思うか、好きだと思うかどうかっていう存在でしかない

コメントの投稿
←空欄可

・記事本文には「>>〇〇」で、コメント欄には「※〇〇」or「米〇〇」でポップアップするアンカーができます
・似たような内容の連投、宣伝コピペはNGです。削除・投稿規制することがあります。
・fc2の不具合で「NGワードが含まれているので投稿できません」となることがあります。  その時は短く分けて投稿する等すると回避できるかもしれません…。
最新の記事
このブログについて
携帯サイト
Amazon
レコメンデーションエンジン