岩波書店、要望に応え「岩波文庫」の電子書籍化を決定…でも値段が高すぎる件

ニュース2ちゃんねる - 2chまとめブログ

岩波書店、要望に応え「岩波文庫」の電子書籍化を決定…でも値段が高すぎる件

1:アリエッティφ ★:2012/04/11(水) 01:00:15.85 ID:???0
岩波書店、「岩波文庫」の電子書籍化を決定……4月下旬より配信開始

岩波書店は10日、「岩波文庫」電子書籍版の配信を開始することを発表した。ロングセラーの既刊書を中心に、28点32冊を電子書籍(リフロー版)化し、4月26日より一括配信する。

「岩波文庫」は1927(昭和2)年7月、創業者の岩波茂雄によって創刊された。
文学、哲学、歴史、宗教、自然科学、法律、経済など、ほぼあらゆる分野の古典的著作を刊行しており、総刊行点数は現在では5600点を超えているとのこと。

電子書籍化されるのは、『こころ』(夏目漱石)、『小僧の神様 他十篇』(志賀直哉)、『山月記・李陵 他九篇』(中島敦)、『黒猫・モルグ街の殺人事件 他5篇』(ポオ/中野好夫訳)、『ツァラトゥストラはこう言った(上・下)』(ニーチェ/氷上英廣訳)など28点32冊。電子書籍は、「honto」「BookLive」「電子書店パピレス」「e-Book Japan」「GALAPAGOS STORE」「LISMO Book Store」などの電子書店を通じて販売される。

同社では、電子書籍の市場の広がりとともに、「電子書籍コンテンツ」として「岩波文庫」の電子書籍化の要望が強まったため、今回要望に応えることにしたとしている。なお、「岩波新書」「岩波ジュニア新書」は、すでに昨年11月より電子書籍版が配信されており、「岩波新書」は月4点、「岩波ジュニア新書」は月1点ずつが定期配信されている。
http://www.rbbtoday.com/article/2012/04/10/88203.html
 
7:名無しさん@12周年:2012/04/11(水) 01:04:16.27 ID:l8o/HQ1FP
これで絶版に悩まされることはなくなるのか…

12:名無しさん@12周年:2012/04/11(水) 01:05:18.41 ID:1O4pZq4i0 [1/8]
ラインナップ
■4月26日より配信(2012年)【28点32冊】
★ 『こころ』 夏目漱石 525 円
★ 『柿の種』 寺田寅彦 735 円
★ 『小僧の神様 他十篇』 志賀直哉 609 円
★ 『銀の匙』 中 勘助 588 円
★ 『羅生門・鼻・芋粥・偸盗』 芥川竜之介 420 円
★ 『童話集 銀河鉄道の夜 他十四篇』 宮沢賢治/谷川徹三編 693 円
★ 『伊豆の踊子・温泉宿 他4篇』 川端康成 588 円
★ 『山月記・李陵 他九篇』 中島 敦 840 円
★ 『アルプス登攀記』(上・下) ウインパー/浦松佐美太郎訳 上798 円・下735 円
★ 『闇の奥』 コンラッド/中野好夫訳 567 円
★ 『動物農場 ―おとぎばなし』 ジョージ・オーウェル/川端康雄訳 693 円
★ 『黒猫・モルグ街の殺人事件 他5篇』 ポオ/中野好夫訳 735 円
★ 『若きウェルテルの悩み』 ゲーテ/竹山道雄訳 567 円
★ 『変身・断食芸人』 カフカ/山下肇・山下萬里訳 504 円
★ 『精神の危機 他15篇』 ポール・ヴァレリー/恒川邦夫訳 1134 円
★ 『罪と罰』(上・中・下) ドストエフスキー/江川 卓訳 上840 円・中840 円・下903 円
★ 『学問のすゝめ』 福沢諭吉 693 円
★ 『茶の本』 岡倉覚三/村岡 博訳 441 円
★ 『武士道』 新渡戸稲造/矢内原忠雄訳 588 円
★ 『後世への最大遺物・デンマルク国の話』 内村鑑三 567 円
★ 『遠野物語・山の人生』 柳田国男 840 円
★ 『古代への情熱 シュリーマン自伝』 シュリーマン/村田数之亮訳 630 円
★ 『ソクラテスの弁明・クリトン』 プラトン/久保 勉訳 504 円
★ 『方法序説』 デカルト/谷川多佳子訳 504 円
★ 『永遠平和のために』 カント/宇都宮芳明訳 525 円
★ 『ツァラトゥストラはこう言った』(上・下)  ニーチェ/氷上英廣訳 上777 円・下840 円
★ 『ロウソクの科学』 ファラデー/竹内敬人訳 630 円
★ 『君主論』 マキアヴェッリ/河島英昭訳 840 円

http://www.iwanami.co.jp/hensyu/bun/denshi.html

19:名無しさん@12周年:2012/04/11(水) 01:07:54.81 ID:1hO2XCjd0 [1/3]
>>12
は?高くね?馬鹿なの?

16:名無しさん@12周年:2012/04/11(水) 01:07:33.27 ID:Vdf43MQ80 [2/2]
>>12
電子書籍の意味をまったく理解してない値段

27:名無しさん@12周年:2012/04/11(水) 01:12:57.71 ID:NgbAAQGw0
>>12
oh...

64:名無しさん@12周年:2012/04/11(水) 01:41:44.57 ID:80799Lk20
>>12
本気かよw

21:名無しさん@12周年:2012/04/11(水) 01:09:12.74 ID:E//49YBR0
>>12
頭悪すぎワロタwww
ぼったくりじゃねーか
誰が買うんだよアホ

25:名無しさん@12周年:2012/04/11(水) 01:12:16.17 ID:m+CE6AKH0 [1/5]
>>12
その価格なら普通に本買うわw

78:名無しさん@12周年:2012/04/11(水) 01:56:06.67 ID:A9t2mLY30
>>12
文庫本とほとんど一緒じゃんw

39:名無しさん@12周年:2012/04/11(水) 01:20:08.14 ID:h2wEZamV0
>>12
著作権の期限が切れてる本も高いんだな
日本の出版社は電子書籍化をやる気が無いと見て良いね・・・

69:名無しさん@12周年:2012/04/11(水) 01:43:57.23 ID:K2aW7jUc0
>>12
価格設定がおかしいだろwww
著作権切れてるのは青空で読めたりするからもっと安くしたり付加価値つけないと売れないだろwww

100:名無しさん@12周年:2012/04/11(水) 02:16:20.02 ID:2FJuQg7p0
>>12
今年一番の大笑いしたわwww
日本の出版業界ってこんなもんだよな

125:名無しさん@12周年:2012/04/11(水) 02:39:41.58 ID:ninHoHht0
>>12
そら電子書籍普及しないはずだわ・・・
ebookjapan見ても、岩波は紙本と値段同じだもんな・・・

30:名無しさん@12周年:2012/04/11(水) 01:15:04.07 ID:EZwl34GF0
>>12
あれ?ほとんど青空文庫で読めるんじゃ・・・!?

74:名無しさん@12周年:2012/04/11(水) 01:49:19.13 ID:1O4pZq4i0 [3/8]
>>30
調べといたぞ
訳のことを考えなければ、結構ある

★ 『こころ』 夏目漱石 525 円 http://www.aozora.gr.jp/cards/000148/card773.html
★ 『柿の種』 寺田寅彦 735 円 http://www.aozora.gr.jp/cards/000042/card1684.html
★ 『小僧の神様 他十篇』 志賀直哉 609 円 青空文庫なし
★ 『銀の匙』 中 勘助 588 円 青空文庫なし
★ 『羅生門・鼻・芋粥・偸盗』 芥川竜之介 420 円 http://www.aozora.gr.jp/index_pages/person879.html
★ 『童話集 銀河鉄道の夜 他十四篇』 宮沢賢治/谷川徹三編 693 円 http://www.aozora.gr.jp/index_pages/person81.html
★ 『伊豆の踊子・温泉宿 他4篇』 川端康成 588 円 青空文庫なし
★ 『山月記・李陵 他九篇』 中島 敦 840 円 http://www.aozora.gr.jp/index_pages/person119.html
★ 『アルプス登攀記』(上・下) ウインパー/浦松佐美太郎訳 上798 円・下735 円 青空文庫なし
★ 『闇の奥』 コンラッド/中野好夫訳 567 円 青空文庫なし
★ 『動物農場 ―おとぎばなし』 ジョージ・オーウェル/川端康雄訳 693 円 青空文庫なし
★ 『黒猫・モルグ街の殺人事件 他5篇』 ポオ/中野好夫訳 735 円 http://www.aozora.gr.jp/index_pages/person94.html
★ 『若きウェルテルの悩み』 ゲーテ/竹山道雄訳 567 円 なし(他作品作業中 http://www.aozora.gr.jp/index_pages/person1025.html
★ 『変身・断食芸人』 カフカ/山下肇・山下萬里訳 504 円 http://www.aozora.gr.jp/index_pages/person1235.html
★ 『精神の危機 他15篇』 ポール・ヴァレリー/恒川邦夫訳 1134 円 青空文庫なし (岩波文庫『ムッシュー・テスト』(清水徹訳)に所載(たぶん)の「ステファヌ・マラルメ」(坂口安吾訳)のみあり http://www.aozora.gr.jp/index_pages/person1217.html
★ 『罪と罰』(上・中・下) ドストエフスキー/江川 卓訳 上840 円・中840 円・下903 円 青空文庫なし(『罪と罰』(内田魯庵訳)は作業中 http://www.aozora.gr.jp/index_pages/person363.html
★ 『学問のすゝめ』 福沢諭吉 693 円 http://www.aozora.gr.jp/cards/000296/card47061.html
★ 『茶の本』 岡倉覚三/村岡 博訳 441 円 http://www.aozora.gr.jp/cards/000238/card1276.html
★ 『武士道』 新渡戸稲造/矢内原忠雄訳 588 円 作業中(http://www.aozora.gr.jp/index_pages/person718.html
★ 『後世への最大遺物・デンマルク国の話』 内村鑑三 567 円 http://www.aozora.gr.jp/index_pages/person34.html
★ 『遠野物語・山の人生』 柳田国男 840 円 ★ 『古代への情熱 シュリーマン自伝』 シュリーマン/村田数之亮訳 630 円 青空文庫なし
★ 『ソクラテスの弁明・クリトン』 プラトン/久保 勉訳 504 円 『クリトン』のみ(http://www.aozora.gr.jp/cards/000915/card4333.html
★ 『方法序説』 デカルト/谷川多佳子訳 504 円 青空文庫なし(三木清訳『省察』http://www.aozora.gr.jp/index_pages/person1029.html
★ 『永遠平和のために』 カント/宇都宮芳明訳 525 円 http://www.aozora.gr.jp/cards/000902/card46674.html
★ 『ツァラトゥストラはこう言った』(上・下)  ニーチェ/氷上英廣訳 上777 円・下840 円 青空文庫なし(他作品作業中http://www.aozora.gr.jp/index_pages/person1453.html
★ 『ロウソクの科学』 ファラデー/竹内敬人訳 630 円 青空文庫なし
★ 『君主論』 マキアヴェッリ/河島英昭訳 840 円 作業中(http://www.aozora.gr.jp/index_pages/person1590.html)

68:名無しさん@12周年:2012/04/11(水) 01:43:57.01 ID:Jvhe7xNx0
電子書籍なのに、著作権の切れた作家ですら有料とかw

14:名無しさん@12周年:2012/04/11(水) 01:06:43.05 ID:feH/kk17P [1/4]
>ロングセラーの既刊書を中心に

そうじゃないだろ、岩波に求められているのは
絶版になってるのをどんどん電子化しろよ

22:名無しさん@12周年:2012/04/11(水) 01:09:25.05 ID:2y+8DMPw0
安くしないと古本屋→自炊で終わるがな

2:名無しさん@12周年:2012/04/11(水) 01:01:15.61 ID:hWfhpCNGP
青空文庫で十分

34:名無しさん@12周年:2012/04/11(水) 01:18:05.67 ID:UW16jch60 [1/2]
店舗も人員も製本も必要ないのにこの値段!
どうでしょうw

47:名無しさん@12周年:2012/04/11(水) 01:27:55.63 ID:Mf/LEx7d0
なんで 電子書籍が 紙のホント同じ値段なんだよ!!!!

3分の一以下の値段にしないと意味ないぞ!売れるか!ヴォケ!

49:名無しさん@12周年:2012/04/11(水) 01:28:55.67 ID:VH6DcYV10 [1/2]
縁故採用オンリーの社員を喰わせる為に空前のボッタクリ価格でご提供しますw

58:名無しさん@12周年:2012/04/11(水) 01:36:43.93 ID:muRgO2ib0
翻訳をなんとかしろ

85:名無しさん@12周年:2012/04/11(水) 02:01:37.84 ID:T1ne1ryb0
岩波の低脳さが露呈した価格設定
いらねーよ馬鹿

164:名無しさん@12周年:2012/04/11(水) 06:50:34.33 ID:7e5l/GYX0
岩波の絶版本は古本屋で2000円近い額がついてたりするからな
まあ定期的に再刊はやってるけれど、そういうのを出してくれるとこの値段でも買うんだが

160:名無しさん@12周年:2012/04/11(水) 05:48:39.96 ID:w7kzec070
タイトル少なく値段がボッタて
電子化の長所ゼロどころかマイナス・・・

163:名無しさん@12周年:2012/04/11(水) 06:49:15.92 ID:3xa9hluo0
全巻300円でも高いな

http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1334073615/
コメント(113) カテゴリ: ニュース タグ: ,
最新ニュース
最近の人気記事
月別の人気記事ランキング
2012年
4月  3月  2月  1月 
2011年
12月  11月  10月  9月   8月  7月  6月  5月  4月  3月  2月  1月 
同じカテゴリの記事
コメント
コメントする

コメント一覧
  1. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2012年04月11日 12:42 ▽返信

    >>14
    の言うとおりだ。 岩波はITに関しては馬鹿しかいないのが分かった。

    電子本やる気なしの現状維持派として既存の本の価格以下で販売しないのは岩波の事情として分かるが、

    それならそれで、絶版本を本の定価で電子販売するのがベストの戦略のはず。
    現状のリアル本のビジネスに影響しない上に、少ない追加コストで再版による収入増が見込める。本当に馬鹿で情けなくなってくる。

  2. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2012年04月11日 12:57 ▽返信

    設備投資するだけの計画性もたいしてなくてこの価格ならほんと馬鹿。

  3. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2012年04月11日 12:58 ▽返信

    十年後、海外勢の人間に泣き叫びながら命乞いする出版業界の人間を見てみたい

  4. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2012年04月11日 13:03 ▽返信

    絶版になった学術書も電子書籍化して貰えないかなぁ…
    物理系の参考書って伝説的・古典的名著以外は結構すぐ絶版になるみたいなんだよね…

  5. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2012年04月11日 13:05 ▽返信

    普通に本買えってことか
    書店介さない分安くなったりしたら不公平だもんな

  6. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2012年04月11日 13:08 ▽返信

    まぁ、今すぐ読みたい!というものはないな
    日本の作家の著作権(没後50年)消滅は以下の通り

    柳田国男 2012年(今年)8月8日
    中勘助 2015年
    志賀直哉 2021年
    川端康成 2022年

    おとなしく待つことにするわ
    2022年に岩波書店は存在してるかな?

  7. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2012年04月11日 13:11 ▽返信

    まさか電子書籍にも「再販制度」があると妄想してるのかね

  8. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2012年04月11日 13:13 ▽返信

    絶版本は人気がないから絶版したわけでそれをコストかけて電子書籍にするのかという問題
    だから岩波がロングセラーを先行したのはもっともなんだが売れないよな、これ
    このラインナップを買う層がまったく思い浮かばないわ

    しかし電子書籍=安いという偏見は何なんだろうな
    これから作る本にしたって製本のコストはかからなくても電子書籍化のコストはかかる
    まして古い本になれば一からデジタル化しないとならないから相当コストかかるだろうに
    電子書籍が普及しないのは買う側のマインドにも問題があるような気がしてならないわ

  9. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2012年04月11日 13:18 ▽返信

    100円とかにしたらもっと買う人いると思う

  10. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2012年04月11日 13:21 ▽返信

    ※12
    一旦電子書籍化したらその後のコストは出版するより掛からないけどその点は考えないの?

  11. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2012年04月11日 13:28 ▽返信

    反日左翼には金は払えない。

  12. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2012年04月11日 13:34 ▽返信

    老人の金を社会に出すため?

    買うつもりはないが、電子書籍を進める意思が少しでもあるなら賛成だ。

  13. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2012年04月11日 13:35 ▽返信

    わりと良心的な値段だと思うんだが
    でも欲を言えば岩波文庫って安さがウリだったんだから500円くらいにしてほしいよなー

    >>11岩波は再販制を使ってない、買いきりだよ

  14. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2012年04月11日 13:37 ▽返信

    岩波としては電子化コストを含めても100円でも儲けでるし、やりたいところだろうが、他の出版社が黙ってないだろう

  15. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2012年04月11日 13:44 ▽返信

    これ、どういう意図で電子化するのだろう

  16. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2012年04月11日 13:49 ▽返信

    電子書籍=安いって観念も移行に足を引っ張ってる原因だな。
    そもそもこの手の書籍の値段って印刷代や紙代で決まるもんじゃねーぞ
    岩波が買い切りなのも知らないヤツすら居るし

  17. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2012年04月11日 13:50 ▽返信

    ※8
    本当にそう思う、電子版でも理学書系なら発売当時の値段で買っちゃうヤツが多そうだし

    この国のテレビも含めたメディア業界って、やっぱり感覚がズレていると思う

  18. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2012年04月11日 13:55 ▽返信

    出版界は総玉砕がお望みのようだ

  19. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2012年04月11日 13:57 ▽返信

    電気使わない分文庫本のほうがマシだわ

  20. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2012年04月11日 13:58 ▽返信

    ※20
    買い手に責任転嫁するのは勝手だけど、本が売れないことには変わりない
    指くわえて自滅したければどうぞ

  21. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2012年04月11日 14:03 ▽返信

    外国参入→日本あわてて手を打つも手遅れのパターンを繰り返すのか?

  22. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2012年04月11日 14:04 ▽返信

    この辺の作品って一部の電子辞書に機能の一つとしてあるだろw



    って調べたら、日本のモノだけでも700作品収録されてる電子辞書があってワロタwww

  23. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2012年04月11日 14:06 ▽返信

    紙媒体の書籍はコレクションとしての側面もあるけど
    電子書籍なんて純粋に情報のみの価値しかもってないんだから
    安く設定しないと買ってもらえないよ

  24. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2012年04月11日 14:08 ▽返信

    「ほーら電子書籍なんて売れないでしょう?」って言い訳作りたいだけだな

  25. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2012年04月11日 14:14 ▽返信

    「世界」が売れないから必死だな、岩波w。

  26. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2012年04月11日 14:29 ▽返信

    著作権切れているなら、古本で買って自炊したものをネット販売してもいいのかね?

  27. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2012年04月11日 14:29 ▽返信

    紙の本では厚さがあるので、読みやすさの観点から上中下のような分冊スタイルは
    良いんだけど、電子版でもまったく同じにする必要はないよな

  28. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2012年04月11日 14:31 ▽返信

    日本語文書の電子化って意外とコストかかるんよ
    書式に独特のルールあるしルビもあるし

    ただまぁちょっと高く感じるのは否めない

  29. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2012年04月11日 14:33 ▽返信

    バカじゃねーの

  30. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2012年04月11日 14:37 ▽返信

    ※12
    おまえは全然電子書籍の事わかってないな・・・
    もっと調べて語れよ

  31. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2012年04月11日 14:44 ▽返信

    せめて絶版にした本を、新書も含めて優先的に電子書籍化してくれたら

  32. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2012年04月11日 14:48 ▽返信

    買う奴がいないというより、最初から売るつもりが無いとしか思えん
    なんでわざわざこける企画の為に設備投資するのかさっぱり理解できんわ
    マジで電子書籍は売れないって言い訳でもしたいんだろうか
    業界自体が沈んでんのにこの危機感の無さはなんなの

  33. 名無しさん 2012年04月11日 14:49 ▽返信

    製本する金がかからないはずなのにな。

  34. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2012年04月11日 14:50 ▽返信

    ※11
    岩波は返本やってねーよ
    だからどこの本屋でも薄茶色になってほこりかぶってる
    書籍通貨問題に加担してない分だけ良心的とも言えるが、それがどれほど不便なことなのかはあれを見れば一目瞭然

  35. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2012年04月11日 15:01 ▽返信

    電子化の意味わかってないな。 素人が運用までやるからこんな
    コストになるんだよ。 

  36. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2012年04月11日 15:04 ▽返信

    コネ採用で固めるからこういう発想しか出てこないんだろうな

  37. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2012年04月11日 15:05 ▽返信

    書籍通貨問題は別に良心的とか関係ないだろ
    国債発行しない国は良心的って言うのと同じだぞ
    ただ単に自転車操業で自分の首絞めるか絞めないかってだけの話だ
    消費者にとっちゃあっさり絶版or小汚い本を買わざるをえないで解消されたらデメリットの方が大きいわ

  38. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2012年04月11日 15:15 ▽返信

    岩波文庫じゃ安くしても爆発的には売れないだろうから、
    こういう価格設定になったんだろうとは思う
    ただ青空にあるのはどうかと

    岩波は買い切りって有名だと思ったがそうでもないのか

  39. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2012年04月11日 15:18 ▽返信

    キンドルが紙の本より最低20%引くことにしてるけど、
    それで成立してるしな

  40. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2012年04月11日 15:20 ▽返信

    いまだに買い切りのオワコン出版社

  41. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2012年04月11日 15:20 ▽返信

    自分から既存の紙本商売の邪魔をする電子書籍販売なんてやりたくない
    そういう岩波の意思が聞こえてくるような設定
    こういう変化に対応できない会社はゆっくりと衰退して赤字連発して
    立ち行かなくなったところで最終的にamazonにでも買収されるんだな

  42. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2012年04月11日 15:22 ▽返信

    何で絶版本を出さないのか、五時間ぐらい問い詰めたい

  43. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2012年04月11日 15:23 ▽返信

    著作権が消滅したものはもちろん安くなるだろうけど
    新刊やら絶版本を安売りすることが出版社や権利者にとって意味があるのかな
    会社を身軽にするために電子化を「誘導」する局面になって初めて安くなるのではないの?

  44. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2012年04月11日 15:25 ▽返信

    ※44
    買い切りのほうがまともだろ
    無駄に返品させて点数稼ぐ会社よりは

  45. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2012年04月11日 15:27 ▽返信

    出版社が自分から値段を下げることはしないよ・・・
    キンドルとかの割り引かれた価格は電子書籍を成功させるという小売からの圧力があってのことでしょ

  46. 名無しさん 2012年04月11日 15:30 ▽返信

    会社が利益だすためにコストを抑えるのであって別に小売り価格に転嫁させるかどうかは分からないけど

  47. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2012年04月11日 15:35 ▽返信

    さすがコネでしか新入社員取らない岩波ww
    バカしかいないわwwww

  48. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2012年04月11日 15:59 ▽返信

    値段高スギ($・・)/~~~

  49. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2012年04月11日 16:05 ▽返信

    んで結局自分で自分の首締める結果に終わるんだよな。

  50. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2012年04月11日 16:07 ▽返信

    岩波は昭和40年代で時が止まっているからな……
    おじいちゃん軍団にしてみれば電子化しただけでもよく頑張ったと思う。

    潰れないかなぁ。

  51. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2012年04月11日 16:12 ▽返信

    岩波馬鹿じゃねwww
    ブサヨの典型で生きた化石だから
    現実が理解できないんだな

  52. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2012年04月11日 16:17 ▽返信

    戦史の重版マダー?

  53. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2012年04月11日 16:21 ▽返信

    シグマブック・リブリエ・GALAPAGOS・SP02・ソニーリーダー…

    使っている人見たことないなぁ

  54. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2012年04月11日 16:34 ▽返信

    電子化したけど売れなかった
    って言うための電子化だからねえ

  55. 名無しさん@ニュース2ちゃんsp 2012年04月11日 16:53 ▽返信

    岩波の旧態依然としたやる気のなさにドン引きした
    ガイアツで潰してほしい

  56. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2012年04月11日 16:53 ▽返信

    高いって言ってる奴らが、じゃあ値段1/4で買うかって言うと買わないのよ
    電子化するのにもコストがかかって、それをペイするだけ売るのは結構難しい

  57. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2012年04月11日 17:01 ▽返信

    電子化なんて別にいらないな
    モニタで読んでも頭入らないし

  58. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2012年04月11日 17:08 ▽返信

    これで今年一番笑う人って・・・

  59. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2012年04月11日 17:11 ▽返信

    電子書籍みたいな友達いない人専用のツールを必死に勧める自称情強の人達がかわいそう・・・
    そりゃ安くないと買わないよね、こういう人達って。

  60. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2012年04月11日 17:20 ▽返信

    売る気ないけど、周りが電子化電子化と煩いから形だけ提供しました。
    本の方が便利だから本で良いよ。

  61. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2012年04月11日 17:41 ▽返信

    163:名無しさん@12周年:2012/04/11(水) 06:49:15.92 ID:3xa9hluo0
    全巻300円でも高いな


    結局この意見がすべて。
    消費者は安けりゃ良い、ただそれだけ。
    つまり値下げしたら負け。
    出版社はよくわかってる。

  62. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2012年04月11日 17:53 ▽返信

    だってあなた、出版社なんて権威主義の権化でしょ
    むしろ納得してしまったわ

  63. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2012年04月11日 17:56 ▽返信

    昨年まで出版社に勤めてたけどね。今時印刷屋さんに入校するのは全部デジタルデータなのよ。
    紙の版下なんて同人誌くらいでしか使われないんじゃないかな。
    だから電子書籍を作るのに全然コストなんてかからないんだよね。
    でも電子書籍を作っても全然儲からないから、どこもまじめにやらないの。
    日本の出版社は本が売れたら売り上げが入る仕組みではないのだよ。
    売れなくても本を刷って取り次ぎに納品したらお金もらえるの。
    だから一冊売れて初めて利益が確定するような小売りスタイルの電子書籍はまじめにやらないわけ。
    再販制度と取り次ぎの権力が何とかならない限り大手は全く動かないよ。

  64. 名無しさん@ニュース2ちゃんsp 2012年04月11日 18:06 ▽返信

    この値段なら青空文庫て十分。
    一冊200円なら太宰全巻買ってやるよ。

  65. 名無しさん 2012年04月11日 18:28 ▽返信

    これはひどいww

  66. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2012年04月11日 18:57 ▽返信

    夏目漱石の『こころ』なんか豊平文庫(電子書籍アプリ)でタダで読めるじゃん・・・

  67. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2012年04月11日 19:02 ▽返信

    ほぼ全部500円オーバーって電子化の意味ねーなwww

  68. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2012年04月11日 19:02 ▽返信

    「冒険者たち」無いの?
    ガンバ!ガンバ!

  69. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2012年04月11日 19:07 ▽返信

    ここで普通の電子書籍並みの価格設定にしたら
    岩波文庫の内容にはデータ以上の価値は無いってことになっちゃうからな

  70. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2012年04月11日 19:08 ▽返信

    岩波の品切れ・絶版の文庫は、専門店に行けば最低でも1000円、高いものだと4000円くらいするから、そういうものを電子化すれば売れるだろうね

  71. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2012年04月11日 19:09 ▽返信

    リストラ社員集めて、絶版電子化チームでも作ればいいのに。

  72. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2012年04月11日 19:13 ▽返信

    光栄価格?
    ぶっちゃけこれで高いと思う人は
    安くても買わないし読まないと思うので
    この値段でも別にいいと思うけど、
    その分、丁寧に電子化して欲しいかな

  73. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2012年04月11日 19:24 ▽返信

    電子化すんのはいいけど、自分らは電子化の技術がないし、ネットでの著作権物販売の経験が
    ないんだから、全てを自分でやらないで、大手の楽天とかヤフーとかアマゾンと提携するって
    仕方を取らないと駄目だろ。 役員全員辞職しないとだめだな。 

  74. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2012年04月11日 19:25 ▽返信

    ※72
    電子化に丁寧とか雑とかあるの?

  75. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2012年04月11日 19:27 ▽返信

    ※8 おっしゃるとおり。
    既存データを撮ってドン! なら安価でいけるが、
    そんなもんを電子書籍とは言わないんだよ。
    電子データならではの付加価値を付ける手間は、素人には想像できんのだろうな。

  76. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2012年04月11日 19:58 ▽返信

    ※74
    改行とかレイアウトだけで読み手の印象や読み易さとか
    びっくりする程変わるから、その点の考慮かな?
    青空文庫は昔読んだことあるけどテキストデータぺったりだったから
    ネット小説も結構好きで、かなり慣れてたつもりだったのに酷く読み辛かった…
    この岩波版はリフロー型らしいから、もし好きな本が出たら買うかもね(今のところは静観中)

  77. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2012年04月11日 20:05 ▽返信

    新聞・本・音楽CDは、今すぐ再販制度を禁止しろ。

  78. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2012年04月11日 20:22 ▽返信

    著作権の切れた本の電子書籍の癖に普通の文庫本並の値段とか馬鹿にしすぎ。

  79. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2012年04月11日 20:31 ▽返信

    10円本の世界

  80. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2012年04月11日 20:48 ▽返信

    おいおい、初版当時の価格で行けってw (15銭…1円いく?いや、匁?かな?持っている人がいたら教えて。)

    冗談はさておき。
    紙で残すというリスクが減らせるわけだから、絶版なんかも掘り起こせるようになると面白いとか、
    手書きの文字をどう電子版に写すか、とか…
    そうそう…夏目漱石の「こころ」の原稿状態で読めるとか…た、堪らん!!!

    っていうかさ、撮ってドンのマイクロフィルムのデータで、いいんじゃないの?

  81. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2012年04月11日 20:50 ▽返信

    ※6
    著作権が切れるのは年末だから柳田国男が読めるのは来年の正月からだぞ。

    あとロウソクの科学はプロジェクト杉田玄白で読めるから。ttp://www.genpaku.org/candle01/

  82. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2012年04月11日 21:04 ▽返信

    ※80
    出版社の人間は、電子書籍には付加価値が必要だと信じて疑わない。
    jpegで十分なのに。手書き原稿とか胸熱!

  83. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2012年04月11日 21:16 ▽返信

    岩波と講談社学術はとんでもないのが絶版だからなぁ。
    jpegで高くてもいいからそういう連中を電子化してほしい。

  84. 名無しさん@ニュース2ちゃんm 2012年04月11日 21:45 ▽返信

    馬鹿は電子化=安くなる、と思ってるけど、サーバー代にちゃんとしたデータの制作に、パヒルスなんかの電子書店の取り分規格事に変更だとかやると結局紙と同じような値段になる
    こういうのやってなければ安いが、自炊本と同レベルの質になると言う

  85. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2012年04月11日 23:14 ▽返信

    日本国の電子書籍全体にいえるが、本当に流行らす気があるのかと疑問に思う、
    態々、不便にした上に高い値段をつけて、やるだけやったけど、売れなかったので、
    止めたと言いたいが為に、やっているとしか思えない。

  86. 名無しさん@ニュース2ちゃんm 2012年04月11日 23:21 ▽返信

    Web廃墟認定されたプロジェクト杉田玄白だが、
    今こそ再興のときではないかと思う

  87. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2012年04月11日 23:32 ▽返信

    電子書籍から撤退する理由が欲しいだけじゃね?

  88. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2012年04月11日 23:54 ▽返信

    古本でいいじゃん

  89. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2012年04月12日 00:03 ▽返信

    批判はもっともだけど、無いよりあった方が嬉しいかな。
    絶版されると探すの大変だから。(岩波だとそうでもないの多いかもしれないけど)

  90. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2012年04月12日 00:14 ▽返信

    テレビやようつべとかがタダである以上、今の世じゃこの価格はやっぱり高いって思っちゃうかと。
    よっぽどメリット無いとこの価格は無理。
    せめて、ダウンロード不要でサーバに直接アクセスしてデバイス不問で見れるなら購買動機が上がるなあ。ストリーミング動画は嫌いだけど、テキストなら軽いし快適。
    もしくは、単価を安くして文中や区切りで関連書籍へ誘導するとか、検索したいセンテンスやニュアンスを他書籍から引っ張ってくるとかして売上機会を増やすのはどうだろう。

  91. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2012年04月12日 02:47 ▽返信

    今の電子書籍は数百売れただけでベストセラーという超ニッチ産業らしいので、価格を安く設定できるほどの市場規模をまだ全然持ってないとか

  92. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2012年04月12日 04:05 ▽返信

    一冊80円から100円程度でPDFかJPGなら買ってもいい
    変なファイル形式で専用ソフト必須とか糞いんだよ

  93. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2012年04月12日 09:51 ▽返信

    岩波自体もう役割が終わった出版社。

  94. 石油メジャー利権ちゃん 2012年04月12日 10:05 ▽返信

    左翼の岩波さんマジ卑怯www

  95. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2012年04月12日 10:58 ▽返信

    できないなら最初から無理にやらなきゃいいのに
    まったく利点を理解してないよ

  96. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2012年04月12日 13:44 ▽返信

    コミックにしろ小説にしろ、低価格の電子貸本にしたほうが儲かるだろう
    何度も読み返したいなら紙媒体を買ってもらう
    この線引きでやっていけばいいのに

  97. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2012年04月12日 14:11 ▽返信

    お前等、安くなったって岩波なんか読まんだろ。

  98. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2012年04月12日 14:13 ▽返信

    なんで電子書籍化が求められているのかまるで理解してないな

  99. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2012年04月12日 15:01 ▽返信

    ソニーリーダー使いなんだが、
    リフロー型、かつ図版も解像度等考慮して拡大可能、
    電子書籍として完成されたデータなら個人的にはこの値段でも買うぞ
    リフロー型がメインになっているとはいえ、
    図番の解像度が低くて拡大がロクに出来ない電子書籍、
    紙本スキャンしただけの電子書籍(当然字の拡大縮小は出来ないうえ、ばっちり余白まで入って字が豆粒)、
    そんなものを大手出版社がまだ出しているぐらいだから、
    快適に読めるデータになら金は出す
    老眼読書好きには字の拡大縮小が出来る電子書籍はマジありがたいんだ

  100. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2012年04月12日 17:45 ▽返信

    100いただきますた。

  101. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2012年04月12日 18:44 ▽返信

    出版社、研究不足なんじゃね?まぁ電子書籍は教科書くらいでいいけどな

  102. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2012年04月12日 21:56 ▽返信

    団塊世代が役員を降りる頃にならないと、日本の電子出版は本格化しないよ。
    あいつら、なーんも学習も世情読みもしないくせに、皮算用だけは主張するから。

  103. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2012年04月12日 22:47 ▽返信

    団塊世代は保守すぎる。古い奴らは古いフォーマットにしがみついてていいから、新しいフォーマットは若い奴に任せてほっといて欲しい。
    まあAmazonに持ってかれでもしない限り、気づきもしないんだろうが。

  104. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2012年04月13日 12:27 ▽返信

    「動物農場」もあったわ。
    ttp://blog.livedoor.jp/blackcode/archives/1518842.html

  105. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2012年04月13日 19:49 ▽返信

    DSであった100冊入ってるやつ1000円で買ったのを未だに読んでる俺は勝ち組なんでしょうか

  106. 名無しさん@ニュース2ちゃんsp 2012年04月13日 22:59 ▽返信

    まあこういう値段は、今まで売ってもらった書店に配慮してこの値段なんでしょ。
    安くしまくって、書店にソッポ向かれたら困る、という感じで。岩波からしたら今だ安定してない電子書籍にかけると、いうやり方は出来んだろ。
    だから読者の目線で高い安い言っても、岩波には響かないと思うわけ。

  107. 名無しさん@ニュース2ちゃんsp 2012年04月13日 23:28 ▽返信

    とりあえず、電子書籍だからコスト0に近いみたいな事言ってるのは社会に出た事ないこれからも出ないアフォだろ。ジョブスだってそんなアホには一切意見なんて聞いてないだろ。
    文句いうだけで一冊80円になったも買わない。教養がないニートが安いからといって岩波の文庫なんて買わないだろ。
    それ分かった上でもっと安く出来るように、っていう主張は分かるわ。

  108. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2012年04月13日 23:42 ▽返信


    米尼では洋書電子書籍が実書籍の半額程度
    Kindle買ってから洋書はほぼ電子化した
    前より買うようになった

  109. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2012年04月14日 09:27 ▽返信

    これで「電子書籍は普及しない」とか言ってるんだから笑える

  110. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2012年04月14日 11:10 ▽返信

    取り次ぎのトーハン、日販、その他との関係もあるんだろうな。
    取り次ぎを介さない電子書籍を売ると、買い切り商品の取引にも支障が出るから
    岩波は板ばさみの状態で決断を出来かねているんだろうね。
    脚の引っ張り合いもありそうだし。

  111. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2012年04月14日 11:35 ▽返信

    書店でバイトしてたときに専門書のコーナーを担当してたけど、
    絶版状態の専門書の問い合わせはかなりあったから、それを電子化したら良いのにね。 
    鬼籍に入ってしまった著者との著作権問題もあるだろうけど、
    存命の著者とは話をつけておかないとさらに絶版本の電子書籍化は遅れそう。

  112. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2012年04月15日 12:01 ▽返信

    もはや利益を生み出さない絶版本だって、1冊200円ぐらいになれば少しは売れるでしょ。
    大した利益にならなくても、顧客を掴むことは出来ると思うし未来に投資すると
    思えばいいのにね。
    若者の活字離れを嘆いているだけでは、衰退産業まっしぐらですよ。

  113. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2012年05月03日 23:42 ▽返信

    電子書籍は流行らないよ、普及しないんだから~とかいう議論じゃなくてさ
    印刷電子に関わらず日本の書籍出版が海外勢に全部もってかれそうって話もしなきゃな
    上と下の問題はなんとなく同じ時期に起きてるけど、その切り口が電子だってだけでホントは『黒船登場』の方が大きい話なんだから
    だから後々黒船によって蹂躙されてしまった日本業界は死に体。日本語の存続は危機。言語の危機=民族存亡の危機。ってなったとき
    「ほら電子書籍はダメだったじゃない。だから言ったでしょ?」なんて言おうものなら胸倉つかんで張っ倒すからねww

コメントの投稿
←空欄可

・記事本文には「>>〇〇」で、コメント欄には「※〇〇」or「米〇〇」でポップアップするアンカーができます
・似たような内容の連投、宣伝コピペはNGです。削除・投稿規制することがあります。
・fc2の不具合で「NGワードが含まれているので投稿できません」となることがあります。  その時は短く分けて投稿する等すると回避できるかもしれません…。
最新の記事
このブログについて
携帯サイト
Amazon
レコメンデーションエンジン