2013年11月20日

ニュース2ちゃんねる - 2chまとめブログ

【美しい国】 フリーター(27)「おとん、俺やっと正社員(自販機補充)なれたでー」 → 4ヵ月後、首吊り自殺

1:デンジャラスバックドロップ(三重県):2013/11/20(水) 19:17:14.02 ID:F1jZ40iU0
「さすがにこたえました」「急激な売り上げでした」「倒れそうです」

清涼飲料の運送会社「日東フルライン」(大阪市)で働いていた兵庫県尼崎市の男性(当時27)は2008年7月、業務日誌にこう書いた。
自動販売機をトラックで回り、缶やペットボトルの飲み物を補充する。最高気温は連日30度を超え、ジュースがよく売れた。
「倒れそう」と書いた日から7日後の8月2日、自宅で首をつった

日東フルラインに採用されたのは、4か月前の4月中旬だった。
おれ、やっと正社員になれたでー」仕事帰りの父(66)に、男性が明るく声をかけた。「そうか、よかったなー」「どんな仕事や」。
母(62)と姉(35)を加えて4人で囲んだ食卓が普段よりもにぎやかだったのを、父は覚えている

大学を卒業した時、正社員になれなかった。コンビニの棚卸のアルバイトをしながら5年間、就職活動を続けた。ほとんどの会社で面接にも進めなかった。ようやくなれた正社員だった。

初出勤の日、男性は疲れた表情で帰宅し、父に語った。「きつい仕事や。でもせっかく正社員になれたから、がんばるわ」。エレベーターのない建物では、飲み物が数十本入った箱をかついで階段を上り、昼食は車の中でパンを食べてすませるという。母親が「弁当を作る」というと、「ご飯はのどを通らない」と断った。

日焼けした顔がやつれ、冗談好きだったのに急に無口になった。家を出るのは朝6時ごろ。翌日のルート点検を終えると、帰宅は夜11時前後になる。午前4時に家を出たこともあった。
「先輩から『仕事が遅いからもっと早く出社しろ』と言われた」と聞いた

男性の死亡時刻は午前3時ごろ。仕事用のスラックスをはいていた。「はじめから息子を使い捨てるために採用したのでは」と、父は憤る

2年後、大阪西労働基準監督署は労災を認定。父は会社に損害賠償を求める裁判を起こした。
訴状では「7月の残業時間は約104時間に上った。過重な心身の負担でうつ病を発症していたのに、会社は具体的な支援策をとらなかった」としている。
日東フルラインの代理人の弁護士は「男性の配送本数は、他の従業員の6~7割だった。残業時間は原告の主張より短い会社には、男性への不法行為や安全配慮義務違反はない」と反論する。
http://blog.goo.ne.jp/stopkaroshi/e/fc7164e79b1f94b6beb5899f33362ad2

2:ウエスタンラリアット(愛知県):2013/11/20(水) 19:18:24.19 ID:w0UfpLvm0
俺正社員なるのやめようかな

3:ランサルセ(茨城県):2013/11/20(水) 19:18:28.88 ID:Xi7OlqAW0
働いたら負けだな

このブログについて
歴代の人気エントリー
携帯サイト
レコメンデーションエンジン