2013年11月17日

ニュース2ちゃんねる - 2chまとめブログ

リクルーター 「就活生に【私服で気軽にお越しください】と伝えたら本当に私服で来てビックリした」

1:ミッドナイトエクスプレス(庭):2013/11/17(日) 16:59:11.64 ID:eoD4IbVE0
就活リクルーター面談の実情 「内定確実ですか?」学生態度にビックリ

今季の就職活動開始まで1カ月を切り、企業側も学生側も準備に取り掛かり始めている。近年、採用選考において「リクルーター面談」を取り入れている企業が増加している。この動きは、先日経団連によって発表された「就活開始時期の後ろ倒し」の影響を受けて、より強まると予測される。
就活開始時期の後ろ倒しが決定し、企業側も困惑の色を隠せない。

就活開始時期が遅くなったにも関わらず、学生への内定通知時期は以前と変わらないため、かなり短期間で採用活動を行わなければならないのである。そこで活躍するのが、この「リクルーター」なのだ。彼らは人事担当者の代わりに、複数人の学生と面談し、優秀な人材をいち早く見つけ、次の選考へ進ませる。そうすることで、本当に優秀な人材だけが本選考へ進み、人事の負担軽減につながる。

もちろん全企業が「リクルーター面談」を導入しているわけではなく、主に大手企業、特に金融業界やインフラ、商社業界など一部の企業だけが導入をしていた。しかし、目まぐるしく変化する就活前線の動きを受け、大手企業だけに留まらず、今後さらに多くの企業が「リクルーター面談」を導入する動きが強まるだろうと予測されている。

では、「リクルーター面談」が行われている現場では、どのようなことが起きているのだろうか。実際に学生と接しているリクルーター2人に実情を聞いてみた。

Aさん:(大手金融会社勤務)
「学生の緊張を和らげるため、場所はカフェに設定し、【当日は私服で気軽にお越しください】という文面のメールを事前に送っていた。当日、学生はその言葉をうのみにしたのか、サークル帰りのジャージー姿で面談へやってきた。面談中も、特にメモを取ったり、自ら質問をしたりする様子は見受けられず、しまいには【リクルーターから連絡がきたということは、内定確実でしょうか?】と非常に的外れな質問を投げてきた」

http://www.sankeibiz.jp/econome/news/131117/ecd1311171201002-n1.htm

136:ファイナルカット(京都府):2013/11/17(日) 17:34:13.55 ID:0IstmEDS0
じゃあ書くなよ

8:ファルコンアロー(やわらか銀行):2013/11/17(日) 17:02:47.63 ID:lORH/Cc80
めんどくせえ

このブログについて
歴代の人気エントリー
携帯サイト
レコメンデーションエンジン