2013年07月17日

ニュース2ちゃんねる - 2chまとめブログ

【中世】 日本の司法が痴漢裁判で神判決 「99.9%無罪だが、100%無罪とまではいえない。だから有罪」

1:バリニーズ(埼玉県):2013/07/17(水) 20:13:09.59 ID:waRxpqsKP
「日本の司法は中世」は本当だった! 
カメラに両手映っていても「お前は触った」という三鷹バス痴漢事件の“神がかり”判決


車内カメラは、車の最前方の天井につけられ、超広角レンズで車内を撮影していた。

津山さんが右手でつり革を持っている様子が確認された。右手は伸び切っている。また2人の間隔は人ふたり分ほど開いている。こうした様子から、左手で女子高校生の尻を触るのは物理的に無理である、と判断された。次に、津山さんは左手につり革を持ち替え、右手で携帯電話を操作している様子が確認された。両手を使っているのだから、この場面でも明らかに尻を触ることはできない。

ところが倉澤裁判官は、このビデオ鑑定を受けても、なおこう述べている。

「(前略)被告人が、被害者が移動を開始する直前ころに右手で痴漢行為をすることができたのは、3秒程度しかなく、それは不可能と言うに近い。しかし被告の左手の状況を見ると、33分52秒~34分12秒までの間、吊り革を掴んでいることは確認できるものの、それ以外の時間帯の被告人の左手の状況は不明である。バスが揺れている状況下で、右手で携帯電話を操作しながら、左手で痴漢行為をすることは容易ではないけれども、不可能とまでは言えない
http://www.mynewsjapan.com/reports/1853

「本件は、右手に携帯を持ち、左手はつり革につかまり、津山さんの腹の部分にリュックがあり、そのリュックがぶつかったに過ぎないのです。ところが、判決の言うことは、手が3本無ければできないようなことです」

「たとえば、微物鑑定で手のひらに繊維が1本もついていないということが検察から出されているわけです。そして、私たちがその女子高校生の制服と同じ生地を使った実験をして、その結果を2つ出しているにもかかわらず、それを証拠として採用もしないわけです」

「今まで私はいくつかの痴漢事件の弁護をして来ましたが、その中でもこの判決のひどさはワーストワン、とうてい是認できない判決です」

会場では、同じように痴漢事件で争っている I さん(男性)からの体験談に会場からは失笑が漏れた。警察での取り調べで、I さんはこう言われる――〈あなたがやっていないと言うなら、その証拠を出してくれ!〉
http://www.janjanblog.com/archives/97784

2:ウンピョウ(東日本):2013/07/17(水) 20:15:59.87 ID:KLPAgOyv0
酷すぎwwwwwwwwwwwwwww

HKT48のガストのCMがうざすぎると話題に (動画あり)

1:名無し募集中。。。:2013/07/16(火) 21:55:33.28
CM流れた瞬間に家族がチャンネル変えるw

2:名無し募集中。。。:2013/07/16(火) 21:56:28.50
最後に何回もガストガスト連呼するのが最高にうざい

5:名無し募集中。。。:2013/07/16(火) 21:57:52.03
ガストガスト!

うなぎ店ピンチ! ウナギ確保できず土用の丑の日前に休業する店も  うなぎ屋これからどうなるの?

1:バーミーズ(新疆ウイグル自治区):2013/07/16(火) 22:49:34.96 ID:JY/tyuFgP
県内うなぎ店ピンチ/土用の丑の日前に臨時休業も

ウナギの稚魚の極端な不漁続きで、土用の丑(うし)の日(22日)を前に、香川県内で臨時休業を余儀なくされたり、営業時間を短縮するうなぎ専門店が相次いでいる。国産の養殖ウナギの価格はここ3年で2倍以上に跳ね上がり、専門店では採算の合わない安いうな丼は姿を消し、スーパーでも1匹2千円近い高値が付く。ウナギはもはや真夏の庶民の食べ物ではなくなりつつあるようだ。

高松市中央卸売市場などによると、ウナギの稚魚のシラスウナギはここ数年、不漁が続き、今シーズンの同市場のウナギの入荷量は昨シーズンからさらに3割減り、3年前に比べると半分以下に減少。取引価格も3年前の2倍超の1キロ6千円台後半と急騰している。

こうした事態を受け、うなぎ専門店はウナギの確保に四苦八苦。香川県高松市上福岡町の「うなぎ匠 大川」は5月中旬からウナギが確保できずに臨時休業するようになり、6月以降は10日以上、休業を余儀なくされた。

同市観光町の「川西うなぎ店」でも、ウナギの入荷量が少なく、7月に入ってからは夕方からの営業ができない日が大半。川西義雄店長は「かき入れ時なのに、徹夜の必要がない」と肩を落とす。

各店では、価格設定にも苦慮。香川県三豊市高瀬町の「うなぎの丸栄」は、今年初めには2300円で販売していたうな重を7月には3千円に値上げした。しかし、「お客さんのことを考えると、これ以上は値上げは難しい」と悩む。川西うなぎ店では、1番安い600円のうな丼を「採算が合わない」としてメニューから外した。

価格設定に頭を悩ませるのはスーパーも同様。店頭では昨年から1匹2千円近い高値となっており、
「2千円は超えられない」として値上げを見送るものの、あまりの高値に売れ行きは鈍いという。

国産ウナギが高騰する中、外食チェーンなどでは、安価な海外産のウナギを扱う店が増加。牛丼チェーン「すき家」では中国産のウナギを使い、うな丼を780円(並盛り)で提供しており、高値が続くウナギを安く食べたいという需要に応えている。
http://www.shikoku-np.co.jp/kagawa_news/social/20130716000146

2:キジトラ(埼玉県):2013/07/16(火) 22:50:10.28 ID:vFxqCaNp0
ヘビでいいじゃん 

このブログについて
歴代の人気エントリー
携帯サイト
レコメンデーションエンジン