2012年09月26日

ニュース2ちゃんねる - 2chまとめブログ

ミスタードーナツ店員(@misumi_01)「半額セールでアホみたいに買ってく馬鹿どもは来るな、乞食かよキモい」

1:黒(茸):2012/09/26(水) 20:53:55.00 ID:PfBf2lJ+0


青峰くん大好き愛してる結婚しよ ?@misumi_01
ていうかアホみたいに買ってくバカどもなんなんだよそんなに買ってくえんのかよ貧乏臭いしコジキかよキモイわ

http://www11.uploda.tv/s/uptv0015639.jpg
@misumi_01
https://twitter.com/misumi_01
http://twilog.org/misumi_01

自作エロマンガを住宅街で繰り返し掲示した無職(44)を書類送検 「漫画の才能を周囲に知ってほしかった」 住民「我慢の限界。一昔前の絵柄だった」

1:ギコ(埼玉県):2012/09/26(水) 19:08:20.74 ID:lxOitBFEP
わいせつ漫画掲示疑い 44歳男を書類送検 長田署

自分で描いたわいせつな漫画を住宅街で繰り返し掲示したとして、長田署は25日、住居侵入と軽犯罪法違反の疑いで、神戸市長田区の無職男(44)を書類送検した。男は「漫画の才能を周囲に知ってほしかった」などと供述しているという。

書類送検の容疑は、6月、自作のわいせつな漫画を駐車中の車に張り出そうと、同市長田区の月極駐車場に立ち入るなどした疑い。同署はマンションの玄関など5件の犯行を裏付けたとし、男はいずれも容疑を認めているという。

昨年から同区北部を中心に「みだらな漫画が張られている」との相談が相次ぎ、長田署が捜査。
今年7月、同署員が漫画を掲示しようとした男を見つけ、任意で事情を聴いていた。

男の自宅からは、手書きのわいせつな漫画数十枚が見つかった。裏に両面テープが貼られたものもあり、はがせばすぐに掲示できるようになっていたという。

マンション住民の男性(47)は「近所には子どもも多いのに次々新しい絵が張られ、我慢の限界だった。絵は一昔前の印象だったが、まさか同年代だったとは」とあきれ返っていた。
http://www.kobe-np.co.jp/news/jiken/0005405741.shtml

24:猫又(佐賀県):2012/09/26(水) 19:15:37.54 ID:YgH/Q58N0
> 絵は一昔前の印象だったが

おい、かわいそうだろ

あるアイドルグループのメンバー、過去のピンサロ勤務がバレて首になる  事務所が怒りの暴露も、やりすぎだと話題に

1:ヒマラヤン(愛知県):2012/09/26(水) 13:05:15.62 ID:v0BcD+DS0
重要なご報告

いつも弊社タレントを応援してくださりありがとうございます。

この度弊社で活動しておりました「春野こころ(山形○美)」についてご報告がございます。

2012年9月をもちまして春野こころ(本名:山形○美)は弊社での活動を終了する運びとなりました。理由としては下記の通りです。

2011年2月頃から2011年7月頃まで本厚木にあるピンクサロン「マイブーム」という風俗店にて
「渚」という名前で不特定多数のお客様に対して性的なサービスを行っていた事実が本人の自供、
事務所側の独自の調査にて判明致しました。
(中略)
又、発見当初風俗で働いていた理由を泣きながら「実家の家計を支えるため」と言っておりましたが
「グランマの家」というネットショップを経営している母親に家計のことについて質問したところ「家には一円も入れていない」という返答でした。
正直、事務所サイドは全員「どこまで嘘をつくのか・・・」と呆れてしましました。ただでさえ迷惑をかけているにもかかわらずその後も、決まっていた仕事を無断欠勤したり連絡がつかなかったで反省の色が全く見られない状況でした。
http://ameblo.jp/cocoro0926/entry-11364160734.html
http://megalodon.jp/2012-0926-1138-04/ameblo.jp/cocoro0926/entry-11364160734.html(魚拓)

【訃報】 戦前の伝説的「天才美少女」バイオリニスト・諏訪根自子さん(92)が死去  当時の写真が美人すぎると話題に (画像あり)

1:きのこ記者φ ★:2012/09/24(月) 23:44:34.90 ID:???0
伝説的バイオリニスト…諏訪根自子さん死去

美貌(びぼう)の天才少女として一世を風靡(ふうび)し、日本人で初めて国際的に活躍したバイオリニスト、諏訪根自子(すわ・ねじこ)さんが3月に死去していたことが24日、分かった。92歳だった。葬儀は近親者だけで行った。

3歳でバイオリンを始め、ロシアの名教育者、小野アンナらに師事。品格と情熱を併せ持つ演奏が
巨匠ジンバリストに高く評価され、12歳でデビューする。かれんな容姿も相まって、日本中に「天才少女」ブームを巻き起こした。

16歳でベルギーに留学し、39年に欧州デビュー。開戦をきっかけにドイツに移り、クナッパーツブッシュ率いるベルリン・フィルとも共演する。日独友好のシンボルとなり、ナチス高官のゲッベルスから名器ストラディバリを贈られたというエピソードも。終戦後に帰国し、井口基成や安川加寿子らとともに日本の楽壇を率いたが、ここ数十年は表舞台から遠ざかっていた。
http://www.yomiuri.co.jp/national/culture/news/20120924-OYT1T01416.htm
諏訪根自子 - Wikipedia

諏訪根自子さん=1936年撮影
このブログについて
歴代の人気エントリー
携帯サイト
レコメンデーションエンジン