2011年11月16日

ニュース2ちゃんねる - 2chまとめブログ

デヴィ夫人、「現皇太子を廃嫡し、皇太子位を秋篠宮へ移譲せよ」と署名運動を開始。『雅子様』は『雅子さん』に戻って頂いた方が良い

1:依頼(兵庫県):2011/11/16(水) 07:56:54.59 ID:GYycC4gq0
現皇太子を廃嫡 『皇太子位を秋篠宮文仁殿下へ移譲』 署名運動 
国民は我慢の限界


みなさま、 前回、前々回同様に この度も たくさんのコメントを
ありがとうございました。私と同意見の方々がこんなにも沢山いらっしゃることに 勇気付けられ、署名運動をすることを 決意致しました。

小和田雅子さんをお妃にむかえてしまったばかりに今、日本の皇室は小和田家の影響と雅子様のために皇室自体の存続が危ぶまれている状態となってしまいました。

これはひとえに小和田雅子さんが『皇太子妃』となる認識とご覚悟が無かったからと言えましょう。雅子妃の常軌を逸したふるまいのためにどれだけの人が迷惑をし、どれくらいの国費が無駄に使われていることか。『雅子様』より『雅子さん』に戻っていただくことが、一番良いことだと思います。

(中略)

皇太子位を秋篠宮様に移譲することを求める請願書

皇室を敬愛する私達は、日本の未来のため、皇室を崩壊より護り、そして 国の安泰と国民の幸せを守るため、皇統の存続と皇室の繁栄を求め、今上天皇陛下がご健在のうちに、下記事項の1.2.の
いずれかと 3.を実行していただくことを求めて 請願致します。

1.今上 平成天皇陛下がご存命中に、 皇太子位を 速やかに徳仁殿下から 秋篠宮文仁殿下に 移譲すること

2.現皇太子 徳仁殿下は、シンプソン夫人との愛を貫き、エドワード8世としての王位を退位された ウィンザー公のように皇統を廃嫡し皇籍を浩宮に戻す。 
もしくは、皇太子妃のみを 廃妃とすること

3.希望の光である 悠仁親王に 一刻も早い 帝王教育をお授けし、皇位継承第三位であることを尊重し、順位に相応しい 環境と処遇をもたらすこと

送り先: 〒150-0047 東京都渋谷区神山町31-1  
日本の皇室をお守りする会
(以下略)
http://ameblo.jp/dewisukarno/entry-11078455667.html

★皇太子位を秋篠宮様に移譲することを求める請願書
http://www.dewisukarno.co.jp/cojif/cojif.html

4:名無しさん@涙目です。(兵庫県):2011/11/16(水) 07:58:51.62 ID:H9KDYmqH0
鬼女と同じ思考か

13:名無しさん@涙目です。(空):2011/11/16(水) 08:01:35.75 ID:xrlxTTDE0 [1/2]
皇太子に問題ないのに廃嫡かよ

ゴールドマン・サックスの手口が凄すぎる…暴落したオリンパス株で利益20億円超 暴落直前に買い煽りも

1:名無しさん@涙目です。(東京都):2011/11/16(水) 00:16:36.78 ID:ZKAMVSLd0 [1/3]
“暴落”オリンパス株で利益20億円超…ゴールドマン凄すぎる手口

この1カ月、オリンパス株の暴落で多くの株主が損失を抱えたが、世界最強の投資銀行と呼ばれる米ゴールドマン・サックスはひと味違った。

株価の下落でも儲かる「空売り」をいち早く仕掛け、底打ち直前に買い戻すという売買を神業のようなタイミングで実行した。
一連の取引で22億円前後の利益を上げたという計算もできる。その凄すぎる手口とは?

オリンパスをめぐる騒動の発端は10月14日、マイケル・ウッドフォード氏(51)が突如、社長を解任されたことだった。ゴールドマンはその前日の13日、オリンパス株を約83万株空売りしている。同日の終値2482円で計算すると20億円超の売りを一気に出したことになる。

空売りとは株を持たずに、ほかから借りてきて売却すること。株価の下落が予測されるときに使う手法で、値下がりした際に買い戻すことで、その差額が利益となる。

東京証券取引所は証券会社などが空売りした銘柄や株数の残高を日々公表している。それをみると、ゴールドマンは13日以降、一定程度買い戻しながらも、空売りを増やし続けている。

この手口について、ある国内証券マンは「ウッドフォード氏が経営陣を告発するのを聞いて、事態は深刻ということで、どんどん売りを増やしていった印象だ」と解説する。

オリンパスが損失隠しを認め、株価がストップ安の734円まで下落した11月8日の時点で、ゴールドマンによるオリンパス株の空売り残高は194万株とピークに達した。ところが株価が584円まで下落した翌9日の時点で残高は4万株強にまで一気に激減する。
この時点で大量に買い戻したということになる。

同社の株価は11日に460円まで下げたが、週明け14日には上場維持観測が広がったことからストップ高の540円まで反転した。ゴールドマンは暴落前に空売りを入れて、底打ち直前に買い戻している。

この間の収支を終値ベースで計算すると、オリンパス株を空売りした額は約40億円、一方で買い戻した額は約18億円。実際には、現物株の買いなどを組み合わせている可能性もあり単純ではないが、空売りと買い戻しに限れば、差し引き約22億円の利益と計算できる。

前出の証券マンは、「株価の下値メドはまず半値、次は八掛け、そして2割引とされる。上値を2000円とすると下値は640円。投資の基本に忠実に買い戻したとも考えられる」という。


↓一時484円まで下落したオリンパスの株価。ゴールドマンはその直前に空売りを買い戻していた

ゴールドマン・サックス - Wikipedia
http://www.zakzak.co.jp/economy/investment/news/20111115/inv1111151226002-n1.htm
10:名無しさん@涙目です。(千葉県):2011/11/16(水) 00:19:46.00 ID:y8GTUZht0 [1/2]
>ゴールドマンはその前日の13日、オリンパス株を約83万株空売りしている。

どこからどんな情報を手にいれたんだよ

15:名無しさん@涙目です。(東京都):2011/11/16(水) 00:20:42.39 ID:d57zwYMD0
>>10
インサイダーだよな

このブログについて
歴代の人気エントリー
携帯サイト
レコメンデーションエンジン