2010年09月19日

ニュース2ちゃんねる - 2chまとめブログ

【画像多数】 一番かっこいい駅ってどこなの? 内装含めて

2:ニュースキャスター(dion軍):2010/09/18(土) 17:17:29.42 ID:jvbGw6NDP
要塞駅 新宿

13:都道府県議会議員(京都府):2010/09/18(土) 17:20:23.09 ID:l7Iqralv0
グランドセントラル駅

岡村隆史「矢部は信用できん・・・」 相方さえ信頼できない超孤独状態

岡村
1:セラピスト(神奈川県):2010/09/18(土) 16:31:02.92 ID:CN+KyT9P0
“矢部さえも信頼できない”。岡村隆史、底抜けの孤独。

7月15日、お笑いコンビ「ナインティナイン」の岡村隆史(40)が入院療養により活動休止すると発表された。 その原因の詳細は不明なままだが多忙な仕事による心労かとも言われている。

彼が検査入院する前に出演したテレビ番組で交友関係について語っているが、現実はかなり孤独だったようだ。

岡村隆史がテレビで見せる顔とは違い、プライベートでは物静かな男であることはタモリなどもよく口にする。 岡村の親友でもあるお笑いコンビ、博多華丸・大吉の大吉も2人で飲む時は黙々と飲むと証言していた。 その博多華丸・大吉と岡村隆史が福岡のテレビ番組「ナイトシャッフル」で、 4月に共演した収録内容が9月12日に放送されたのだ。

福岡の街をロケするバスの中で大吉から岡村隆史に「プライベートでの人間関係」について尋ねてみた。
すると岡村は本音で芸能人仲間との交友の度合いを明かしたのである。

まず、尊敬はしているがプライベートではほとんど誘われないのがお笑いBIG3のタモリ、明石家さんま、ビートたけしだ。 さんまは以前はよく飲みに誘ってくれたが最近はほとんどない。 お笑い界の大物の中でも志村けんはよく誘ってくれて、 2人きりでカウンターで飲む時にはお笑いのアドバイスを真剣にしてくれることもある。(続きます)

また、テレビではかなり仲が良さそうなSMAPの中居正広とは仕事だけの関係で連絡先なども知らない。
意外だったのは「めちゃイケ」メンバー、加藤浩次、濱口優、有野晋哉、光浦靖子で、ほとんど遊ばないし連絡もほとんどとらない。岡村はそう話すと「知らん!」と冷たく言い放った。

はてな民「ニュー速は皆同じ意見の+と違って2,3割くらい斜め上の意見をする人が居るので廃れない」

1:たこ焼き(関西地方):2010/09/19(日) 11:48:52.50 ID:UaiZ/1qN0
■はてなと2chの違い
(2chって表題ですが、ニュー速です)
結構前から同じソースに対するニュース速報板の反応とそれをまとめたブログへのはてなの反応を見比べていたんですけど

例えばコレなんか
http://varda2.com/test/read.cgi/news/1284647283/(2ch)
http://b.hatena.ne.jp/entry/blog.livedoor.jp/insidears/archives/52373634.html(はてな)

基本的にニュー速民は、否定し合う文化
対してはてなーは、肯定し合う文化なのかなと

もっというとニュー速では他を認めるっていうことがまずないから極度に自分語りを嫌うし、ユーザー同士がコミュニケートすることも少ない、自虐して自分自身を否定しないと同意は得られない。なので一体感みたいなものを皆で共有しようとすると必然的に自分たち以外の対象を全力で叩くことになる

一方はてなは他人を無意味に貶めたり中身のない内容を嫌う、如何に得られた情報を自分自身の成長に
繋げられるかを重視していて、互いを認め合うことでより高みを目指そうとする
。否定的な発言なんかもよくあるけど、ただの罵倒ではなく建設的な意見を言おうとしている

それで普通なら見てて胸糞悪くなりそうなニュー速なんてすぐに廃れそうですよね、でも全然廃れない。
よく言われるのは誰でも黒い部分を持っててそれを満たしてくれるニュー速のような所には一定の需要があるからだみたいなことなんですけど、実際はニュー速って多様な意見に溢れてるからじゃないかな?と思います。

一流経済学者「ネットユーザーは自分たちが世論を動かしてると思いたがってる馬鹿」

池田信夫
1:歯科医師(アラバマ州):2010/09/18(土) 12:22:55.99 ID:a+26sd250
「ネット世論」という幻想
池田信夫

ツイッターで「ネット世論なんて、ごく一部の偏ったサンプル」だと書いたら、意外に多くの反発があったので、自明のことだが書いておこう。

菅原琢氏も指摘するように、「ネット世論」なるものは、特定のウェブサイトに集まる人々が1人で何度もクリックできる人気投票で、データとしての信頼性はまったくない。かつての「麻生人気」も幻想だったし、今回の「小沢人気」も選挙結果には反映されなかった。

これを「新聞社の調査もごく一部の声では?」と同列に置くのは、統計学を知らない妄言である。実際の選挙結果には後者のほうがはるかに近く、今回の代表選でもそうだった。
このブログについて
歴代の人気エントリー
携帯サイト
レコメンデーションエンジン