2010年09月15日

ニュース2ちゃんねる - 2chまとめブログ

有吉がSMAPにあだ名 草なぎ「エラ呼吸」 木村「月9バカ」 中居「偽SMAP」 香取「マヨビール」 吾郎「寿命短め」

有吉
1:サラリーマン(神奈川県):2010/09/15(水) 14:06:55.67 ID:E3HUP8a6P
これまでも毒舌で様々な芸能人に“あだ名”を付けてきた芸人の有吉弘行。今回、彼が“あだ名”を付けたのはSMAPのメンバー。これまでにない“あだ名”を付けられた“アノ人”が怒り爆発で、有吉の芸能生活もピリオドか!?

「SMAP×SMAP」(フジテレビ系)の「BISTRO SMAP」にゲスト出演した有吉、SMAPのメンバーにも“あだ名”を付けることに。まずは、稲垣吾郎。 初めのうちは「稲ちゃん」とか、当たり障りのないことを言っていた有吉。 しかし、そんな“あだ名”では周りが納得するはずもなく迷って付けた“あだ名”は「寿命短め」。

これを聞いた稲垣は「ひどい!」と言っていたが、有吉によると 「繊細なので、昔の作家のように儚い感じ」ということだった。

次に木村拓哉。「今日で(芸能界から)消えるのかな」と言いながら有吉が付けた“あだ名”は、「殿堂入り過ぎ」。しかし、中居に「まさか、今のが“あだ名”じゃないよね」と言われると、焦って「今のは、違います」と答えた有吉。そして、しばらく黙りこんでいた有吉が木村に付けた“あだ名”は「月9バカ」。これを聞いた木村は怒りの表情だった。

その後、香取慎吾に「マヨネーズビール」。草なぎ剛に「エラ呼吸」。中居正広に「ニセSMAP」と付けた有吉。もう一度一人ずつその“あだ名”で呼んでいくことに。最後に木村に「月9バカ」と言った瞬間、木村に蹴りを入れられてしまった。

すると有吉は、「間違えた“ドラマバカ”だった」と訂正。しかし、あまり変わらない“あだ名”に
木村はカメラの陰に有吉を連れて行き、冗談でボコボコにしていた。
http://japan.techinsight.jp/2010/09/ariyoshi-smap-adan.html

3:サラリーマン(三重県):2010/09/15(水) 14:07:45.60 ID:PXjDYQVbP
> 草なぎ剛に「エラ呼吸」。

「障害」の表記について政府が意見を募集中

障害者
1:経済評論家(長崎県):2010/09/15(水) 01:01:45.91 ID:mucSRXqG0
「障害」の表記についての意見募集

障がい者制度改革推進会議の第一次意見を踏まえ、推進会議の下に設けられた「障害」の表記に関する作業チームでは、「障害」の表記についてどのような表記とすべきか検討を始めているところですが、今後の議論の参考とさせていただくため、「障害」の表記について国民の皆様から広くご意見を募集いたします。

お寄せいただいたご意見については、原則として個別には回答いたしませんので、あらかじめ、ご承知ください。

【「障害者制度改革の推進のための基本的な方向(第一次意見)」】
第3 障害者制度改革の基本的方向と今後の進め方
 2.基礎的な課題における改革の方向性
 7)障害の表記
「障害」の表記については、「障害」のほか、「障がい」「障碍」「しょうがい」等の様々な見解があることを踏まえ、 障害者の「者」にあたる部分の表記の在り方も含め、推進会議としては、今後とも、学識経験者等の意見を 聴取するとともに、国民各層における議論の動向を見守りつつ、それぞれの考え方を整理するなど、引き続き審議を行う。

「障害」の表記についての意見募集(内閣府)
https://form.cao.go.jp/shougai/opinion-0004.html

2:弁護士(埼玉県):2010/09/15(水) 01:02:30.07 ID:M921q0i50
障碍でおk

「あれ何だっけかな…ググるか」 ← 思考能力が低下して危険

ぐぐるな
1:作曲家(大阪府):2010/09/14(火) 18:30:22.70 ID:v53PP0mRP
『Google』検索は人間の思考能力を低下させている?

アメリカの著名なビジネスライターが、インターネット検索サービス『Google』を多用することに警告を発している。 彼によれば、何でも検索に頼っていると考える力が弱くなり、結果として思考能力を低下させていくと主張している。

『Google』は9月8日、ユーザーがすべての検索キーワードを入力する前に、結果を予測しながら表示する
『Google Instant』を発表した。これにより、インターネットユーザーは今までよりずっと短い時間で目的の情報に たどり着くことができる。しかし、同氏は何でも簡単に調べられてしまうことが、考える力を阻害しているというのだ。

『Google』に異論を唱えているのは、アメリカのビジネスライター、ニコラス・カー氏である。 彼は『Google』について「さまざまな点について『Google』は称賛に値する。しかし彼らは、我々が知性を使うべき方法についてかたよったものの見方をしている。それは、効率化することのみを働きかけ、次から次へと情報を提供していることだ」と語っている。

つまり、『Google』は目的の情報に早くたどり着くことだけを追求し、本来人が考えるべきことを邪魔しているという。また、彼は衛星カーナビゲーションシステムについても、「人は自分の通った道順さえ記憶できなくなり、空間を理解する脳の部分がGPSシステム(全地球測位システム)によって減少している」と指摘。

さらには、「たとえば、非常に不便なソフトウェアで問題と闘わなければならない人は、役立つソフトを 使う人よりも多くを学ぶ」と説明し、何もかも便利であることが人間の思考能力を低下させるとして、あくまでもツール程度に使うべきだと警告しているのだ。

http://rocketnews24.com/?p=46900

4:フランキ・スパス15(catv?):2010/09/14(火) 18:31:46.73 ID:fY1DTENy0
んでググル前に冷蔵庫に飲み物取り行くと
なにググるか忘れてるというコンボ
30代男です

このブログについて
歴代の人気エントリー
携帯サイト
レコメンデーションエンジン