病院

ニュース2ちゃんねる - 2chまとめブログ

「ん……」 言葉が出ずに伝えられない苦しみ『吃音』 職場の病院でも理解されず 命絶った34歳

1:ダイビングヘッドバット(WiMAX):2014/01/28(火) 06:01:12.52 ID:WUe81AToP
伝えられぬ苦しみ「吃音」 就職4カ月、命絶った34歳

言葉が出にくかったり、同じ音を繰り返したりする吃音(きつおん)のある男性(当時34)が昨年、札幌市の自宅で自ら命を絶った。職場で吃音が理解されないことを悩んでいたという。自ら望んだ
看護師の職に就いて4カ月足らずだった。100人に1人とされる吃音の人を、どう支えればいいのか。学会が創設され、議論が始まっている。

男性は昨年3月に看護学校を卒業し、札幌市内の病院で働き始めた。

幼いころから吃音で、話し始める時に言葉がなかなか出てこない「難発」と呼ばれる症状があった。
「ん……」と無言が続き、足踏みを繰り返すなどの「随伴(ずいはん)症状」もあった。緊張すると症状はよりひどくなった。

家族によると、男性は病院で吃音が理解されずに苦しんでいたという。男性は自己紹介の用紙に
自分の症状について書き、職場で理解してもらおうとしていた。「大声を出されると萎縮してしまう」「話そうとしているときにせかされると、言葉が出なくなる」

だが、伝わらなかった。男性が残した手帳には、追い詰められていく様子が書き込まれている。
「どもるだけじゃない。言葉が足りない。適性がない」「全てを伝えなければいけないのに、自分にはできない」。その字は、次第に乱れていく。親友には「続けられないかもしれない」とメールを送っていた。

昨年7月末、病院からの連絡で母が駆けつけると、男性は自宅で死亡していた。携帯電話には家族
宛ての未送信メールが残っていた。「相談もせずに申し訳ありません。誰も恨まないでください。
もう疲れました……」。後になって、男性が昨年6月ごろからパソコンで「吃音と薬」「新人看護師と死」などを検索していたことも分かった。(※以下ソース)
http://apital.asahi.com/article/news/2014012800001.html

男性は職場で理解してもらおうと、自己紹介の用紙に吃音(きつおん)の症状を書き込んでいた


亡くなった男性の手帳には「適性がない。。。」と書かれていた

「赤ちゃんポスト」の慈恵病院が日テレの新ドラマ『明日、ママがいない』にブチギレ、放送中止を要請

1:パニックスイッチφ ★:2014/01/16(木) 17:47:47.75 ID:???0
 親が育てられない子どもを匿名で受け入れる「こうのとりのゆりかご」(赤ちゃんポスト)を設置する熊本市の慈恵病院は16日、日本テレビ系列で放映された児童養護施設が舞台の連続ドラマについて「養護施設の子どもや職員への誤解偏見を与え、人権侵害だ」として、放送中止を申し入れると明らかにした。

放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送人権委員会への審議の申し入れも検討している。

ドラマは、15日に第1回が放映された「明日、ママがいない」。

ドラマ内で「赤ちゃんポスト」に預けられた子に「ポスト」というあだ名が付けられており、慈恵病院は「預けられた子どもを傷つけ、精神的な虐待、人権侵害になる」と批判した。

養護施設の描写にも「職員が子どもに暴言を吐き、泣くことを強要するなど現実と懸け離れたシーンが多すぎ、誤解や偏見、差別を与える」と指摘。近く口頭と文書で、放送中止を要請するとともに、
ドラマ制作経緯の説明を求める。
http://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20140116-1244860.html

5:名無しさん@恐縮です:2014/01/16(木) 17:49:05.97 ID:A7DCU/600
次週から あしだ、マナがいないに差し替え

このブログについて
歴代の人気エントリー
携帯サイト
レコメンデーションエンジン